10月11日(金)遺愛女子中学校『ノーマリー教室』が行われました。

10月11日(金)中学校では『ノーマリー教室』が行われました。この行事はすべての人が普通(ノーマル)に生きられる社会を考えるために行われているものです。

全体の講演は、視覚障がいの実際についてお話をして下さった講師の先生とともに盲導犬が来てくれました。
後半は学年ごとの学びでした。1年生は手話、2年生は点字、3年生は高齢者擬似体験です。

それぞれのプログラムを通して、貴重なことを学び、これから全ての人が普通に生きがいのある人生を送る社会になるために、どういう考えを持ち、どんな行動をすれば良いかに思いを深めることができました。

お忙しい中、おいで下さいました講師の先生方、本当にありがとうございました。

ページの上に戻る