7月23日(火)と24日(水)『ホワイトハウス』の一般公開を行いました。

年に一度のホワイトハウス一般公開が行われました。

天気は前日も当日も夜に雨が降り、落ち着かない空模様でしたがが、公開中は雨に降られることもなく、予定していたコーヒー販売、音楽部コンサート無事に開催することができました。

 

たくさんのお客様に来場していただきました。特に2日目は12時から改築前の本館最後の一般公開ということもあり、2時間で180名を超えるお客様に来場いただきました。

コーヒー販売と写真撮影の売り上げ、そして募金を合計した結果、15,050円となりました。このお金は、昨年の西日本豪雨災害で被害にあわれた学校へキリスト教学校教育同盟を通じて寄付させていただきました。ご協力心より感謝申し上げます。

ボランティアで参加してくれた生徒たちも90人を超えました。来ていただいたお客様のために、自分で考えてイスを出したり、案内したりと一生懸命働いてくれました。音楽部の生徒たちもこの演奏会のためにお客様と一緒に歌える歌を準備してきてくれました。ホワイトハウス一般公開を素晴らしい行事としてくれた生徒たちにも感謝です。

中には、毎年ホワイトハウス一般公開に来てくださっているというお客様もいらっしゃいました。今回足を運んでいただいた方々も、ぜひ来年もご来場いただければと思います。生徒、教職員一同お待ちしております。

【告知用】

時間は両日とも『10:00~14:00』までとなっております。

両日とも『13:15~13:45』に音楽部によるミニコンサートを行います。

また、アイスコーヒーの販売を行い、売上はキリスト教学校教育同盟を通じて、災害救援募金とさせていただきます。
なお、24日12:30ころより、本校教員によるホットコーヒーの販売も行いますので、皆様ぜひお買い求めください。

遺愛のホワイトハウスとは旧宣教師館のことで、明治41年に建てられた非常に歴史のある建物です。和と洋が組み合わされた非常にめずらしい内装になっています。このホワイトハウスと本館は国の重要文化財に指定されています。

一般の方がホワイトハウスに入ることができるのは、一年間でこの二日間だけとなっています。歴史ある重要文化財ホワイトハウスにぜひお越し下さい。

なお、24日12:00~14:00において、現在改修工事中の本館の特別内部公開も同時開催いたします。すでに床や壁など解体作業が一部始まっておりますが、完全に解体する前に本館内部を見られる最後のチャンスとなります。

夏休みから本館全体に覆いをかける作業が始まりますので、もうすぐ外からも見ることができなくなります。ぜひ足をお運びいただき、5年後の完成まで本館の景色を心に残していただければ幸いです。

生徒たちが皆様のご来場をお待ちしております。

関連記事はこちらからもご覧下さい。

函館新聞記事(7月19日)はこちらをクリック!

遺愛学院ホワイトハウス一般公開

ページの上に戻る