1月24日、25日『中学1年生イングリッシュキャンプ』を実施しました!

1月24日(木)、25日(金)の1泊2日日程で中学1年生が『ふるる函館』にて、イングリッシュキャンプを実施しました。

『イングリッシュポケット』という英会話教室にお願いして、5人のネイティブの講師先生に来ていただきました。

生徒たちはこの2日間、英語で講師の先生とコミュニケーションをとらなければなりません。

行く前は、英語が苦手な生徒や人見知りしてしまう生徒などがとても緊張している様子でした。

始めはYes,Noクイズや先生の他己紹介、音当てクイズや英語で紙芝居の話作りなどのアクティビティーを行いました。生徒たちは、講師の先生に英語でインタビューしたり、英語の説明を理解しようとしたり一生懸命になっていました。

食事の時間も講師の先生が生徒と一緒に食べてくれたので、生徒たちはいろんなことを英語で質問して、とても楽しそうでした。

1日目の午後からは、英語でミニ劇(スキット)の作成です。

講師の先生たちが用意してくれた小道具を使って劇の台本を作ることからスタートです。

日本語での台本作り、それを英訳する作業、小道具作り、セリフの暗記などやらなければならないことはいっぱいです。

それでも生徒は講師の先生と英語でコミュニケーションを取りながら、どんどん作業を進めていきました。

1日目の最後は英語の本を読む時間でした。

自分の選んだ絵本のあらすじを先生へ英語で紹介します。少し難しめの本から小学生向けの本までいろいろあるので、自分の実力にあった本を選ぶことができます。

2日目はいよいよ、スキットの大詰めです。

ホールや研修室で台本を見ないで本番さならがらの練習です。各班、本番に向けて先生たちと最終調整です。

2日目の午後はいよいよ本番です。

各班、練習した成果を存分に発揮したとても面白いスキットばかりでした。

この2日間の感想を生徒たちへ聞いてみると、

「講師の先生が話していることがすべてわかったわけではないけれど、なんとなくわかった。」

「単語しかいえなかったけど、伝わったのがうれしかった。」

など英語がわかる楽しさ、伝わるうれしさを感じられたようです。

毎年好評なこの行事。今年もとても充実した2日間となりました。

ページの上に戻る