11月2日(金)13名の『タイの留学生の皆様』をお迎えしました。

『21世紀東アジア青少年大交流計画(JENESIS PROGRAMME)』 の企画として、11月2日(金)に13名の『タイの留学生のみなさま』をお迎えし、遺愛女子高等学校の英語科・書道部・剣道部・吹奏楽局と交流しました。

まず始めに、英語科の生徒達が、『日本の文化』や『函館』についてプレゼンし、タイの生徒たちが民族衣装を着て、自己紹介をして、ダンスまで披露してくれました。一緒に歌ったり踊ったりしてとても楽しく交流ができました。

次に『書道体験』と『剣道体験』の2チームにわかれてそれぞれ体験と交流をしました。

書道体験では実際に筆と墨で生徒たちといっしょに半紙に文字を書きました。
剣道体験では竹刀を持って素振りをしたり、対戦したりしました。

最後は全員で吹奏楽局の演奏を聞いてもらい、多いに盛り上がっていました。

あっという間に2時間半が過ぎ、とても充実した表情で帰っていただきました。
お互いの生徒にとっても素敵な時間を過ごすことができたと思います。

読売新聞の記事はこちらをクリック!

 

ページの上に戻る