10月13日(土)初入港客船『ウェステルダム』の通訳ボランティアを実施しました!!

10月13日(土)、函館初入港となるクルーズ船『ウェステルダム』をお迎えしての通訳ボランティアを実施しました。

午前中は1年生が体育大会、2年生は修学旅行の代休でしたが、『英語科』と『特進コース』に有志を募ったところ『83名』もの希望者が集まってくれました。

函館駅前の案内では道案内や通訳に加えてシャトルバスの中で歌を披露したり、一列に並んでのウェーブでのお見送りをしたりなどみんなで、アイディアを出し合い楽しんでもらえるよう工夫しました。
英語科の生徒は「3回目なので、だいぶ慣れてきて、コミュニケーションがとれるようになってきてとても楽しいです!!」との心強いコメント。

初挑戦の特進の生徒は「冬のオーストラリアのクルーズ研修のイメージが膨らみました!」と話してくれました。

船前では23名の有志が『いか踊り』を準備していたところ「今から地元函館のハイスクールガールたちのお見送りダンスがはじまります。ぜひデッキに出て御覧下さい!」と異例の船内アナウンスが流れました。デッキにはいつも以上のお客様が並び、熱い声援と拍手を頂きました。

その後、船長がわざわざ外まで出てきてくれて生徒一人ひとりと握手をしてくれました。

今年度最後のクルーズ船ボランティアを最高の形で締めくくることができました。

函館市港湾空港局、クルーズ関係者の方々に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

今日ドキッ『客船ボランティア』
2018.10放映動画
https://youtu.be/1i4LrzFnOlM

 

ページの上に戻る