6月26日(火)「青少年のための200冊」ポスターのモデル校として選ばれました!!

ここ数年、毎年の様に『北海道読書感想文コンクール』において、遺愛女子中学・高等学校の生徒が多数入選しております。

昨年は現在高校3年生の館山紋奈さんが「北海道知事賞」を受賞し、個人の特別賞にも多数入選しました。

また、小・中・高それぞれ北海道で1校だけ選出される学校賞の分野でも、2015・2016年は「遺愛女子中学校」、2017年は「遺愛女子高校」と、3年連続で選んでいただいております。

こうした活躍が評価され、今年度の「青少年のための200冊」ポスターのモデル校に選ばれました。

北海道すべての学校に掲示されます。

ポスターに協力してくれたのは2016・2017年度の受賞者のみなさんです。どうぞご覧ください。

また、キャッチフレーズ『本の世界を旅しよう!』は昨年、知事賞で全国でも入選した館山紋奈さんが考えてくれたものです。」

「青少年のための200冊」ポスターはこちらです

 

ページの上に戻る