3月13日(火)毎年恒例の高校1年生による『百人一首大会』が行われました。

終業式前日の13日(火)、毎年恒例の高校1年生による『百人一首大会』が行われました。
これは、高校1年生だけで行う行事で、冬休みの宿題で覚えた百人一首を学年全員で競うものです。
遺愛では『昭和40年代』から続いている伝統行事になります。
各クラス4~6人の班を6チームつくり、6ブロックで他のクラスのチームとリーグ戦。各ブロックごとに優勝チームを決めていきます。
百人一首に触れることが初めての生徒も多い中、冬休みの宿題で上の句、下の句を覚え、国語の授業での実践練習、さらに放課後にクラスでの練習などを通してかなりの上達をみせて本番の大会へ望んでいました。
実行委員の皆さんが運営する中、どのチームも協力しながら、楽しい時間をすごしていたようです。
日本文化を十分に堪能した一日でした。

北海道新聞『みなみ風』にも掲載されました!


百人一首記事PDFはこちら

 

ページの上に戻る