3月10日(土) 遺愛女子中学校の卒業礼拝式が執り行われました。

暖かな春の日差しのもと、ご家族の方々、在校生・教職員の拍手につつまれながら、中学3年生が巣立っていきました。

たくさんのご祝辞をいただき、特に卒業生答辞は、3年間の様々な思いがこもっており、卒業生だけではなく出席していた方々も思わず涙が出てしまいました。

そして、卒業生による卒業記念合唱では、初めから泣いている卒業生もいましたが、とても大きな歌声に参列した方々からは称賛の声がたくさんあがっていました。

「たくさんの方々の支えがあったからこそ今がある。感謝を忘れずに。」という今日の言葉を心にとめて、これからへの大きな一歩を踏み出してください。

3年生のみなさん、ご卒業おめでとうございました。

ほとんどの生徒が遺愛女子高等学校へ進学します。
また新しい気持ちでスタートしてくれることと期待します。

 

ページの上に戻る