12月16日(土)遺愛講堂にて『クリスマスのゆうべ』が開催されました!

12月16日(土)本校の講堂にて「クリスマスのゆうべ」が行われました。雪が降りしきり、足元が悪い中、大勢の方がいらっしゃってくださいました。

第1部は礼拝でした。聖歌隊の透きとおる歌声から始まり、厳かな時を共に過ごしていただきました。
第2部は音楽のプレゼントということで、様々な音楽を楽しむ時となりました。
ハンドベルクワイアのオープニングから始まり、吹奏楽局のフルートとオーボエのソロ演奏でした。コンクールを控えているだけあって、素晴らしい音色を聞かせてくれました。
その後は音楽部による合唱、白須先生によるソプラノ独唱、聖歌隊の歌やパイプオルガンの独奏、ハンドベルの演奏などがありました。どの演奏も素敵で、とても聞きごたえがありました。
最後はお楽しみの時間!今年のサンタとトナカイはギターがお好きなコンビでした。

 皆さまと一緒にクリスマスの喜びを分かち合えたことを感謝します。

来年もぜひご来場いただけたら幸いです。

クリスマスのゆうべプログラムはこちら!

          

 

 

〜告知用〜
12月16日(土)、午後3時30分より「クリスマスの夕べ」が遺愛女子中学・高等学校『講堂』において開催されます。

吹奏楽局員によるソロ演奏、ハンドベル部、音楽部、遺愛の教員による演奏、有志による演奏などを披露しながら、市民の皆様と共にクリスマスをお祝いしたいと思います。

入場はもちろん無料ですので、ぜひご来場いただけたら幸いです。

ページの上に戻る