12月13日(水)シンガポール友好親善交流の一環として交流会を開催しました!

12月13日(水)『函館シンガポール協会事務局』からシンガポール友好親善交流の一環として、遺愛生と交流を深めたいというありがたいご提案を頂き、実現しました。
高校2年生の英語科と特別進学コースの有志が日本文化について英語でプレゼンを行いました。
お返しに、シンガポールの「ツーリズムアワード」受賞者による一流の観光に関するプレゼンも聞かせて頂きました。
来年の客船ボランティアの時にさらなるおもてなしができるよう生徒達は真剣に耳を傾けていました。
その後、生徒たちのアイデアで設置した色々な体験ブースを楽しんでもらいました。日本のお菓子やお茶、手づくりのストラップなど、生徒の柔軟な発想で用意した各ブースの催し物も楽しんでもらえたようです。
英語科のある生徒は「いつもの客船ボランティアも楽しいけれど、今回は逆に自分達の校舎を見てもらえてとても嬉しかった。」と感想を述べてくれました。
またシンガポールからのお客様の1人は「日本の高校生とこのような交流が持てるとは思ってもいなかったので本当に楽しかった。校舎も素敵だし、雪を見たのも初めてで感激しました。」と初めて体験する雪にもとても喜んでいたようです。
来週は留学生20名との文化交流をする機会もあります。
このような貴重な機会を与えて下さいました函館国際観光コンベンション協会、函館シンガポール協会事務局の皆様に心より感謝申し上げます。

ページの上に戻る