10月20日(金)『たった一つの命』卒業生の西尾さん講演会

10月20日(金)に「たった一つの命」の講演会が中学生対象に行われました。

遺愛卒業生の西尾さんの娘さんが、病気によって亡なくなる前に残したメッセージを広めようと始まった朗読会。この活動がどんどん広まりそして本日、西尾さんの長年の思いが実現し、母校である遺愛での講演会が実現しました。

朗読会では、西尾さんの娘さんが書いた「たった一つの命だから」に続くエピソードとメッセージをたくさんの人から募集し、その中のいくつかを紹介していただきました。

「車椅子のS君」

「大切な命」

「言葉の一人歩き」

「おばあちゃんへ」

「今も息子は生きています」など・・・

朗読の間、生徒達が涙を拭う様子や鼻をすする音などが聞こえてきました。

『命の大切さ』を考える本当に良い機会となりました。

ページの上に戻る