10月13日(金)中学校『ノーマリー教室』を開催しました。

10月13日(金)、遺愛女子中学校では『ノーマリー教室』を開催しました。

『ノーマリー教室』とは、健常者と障害者がともに暮らす社会を目指すという「ノーマライゼーション」の理念を広めるために行っているものです。
今回は全体講演として聴覚障害者の方から、ろう学校や手話の歴史、体験談などを話していただきました。講師の先生がろう学校に通っていた頃は、手話を使うと先生に叱られたということ、聴覚障害者が就けない職業がたくさんあったことなど、普段聞けない実態や現実をたくさん知ることができる講演でした。

その後は各学年で体験学習を行いました。1年生は『手話』、2年生は『点字』、3年生は『高齢者疑似体験』でした。

1年生は簡単な挨拶と自分の名前を手話で教えてもらい、隣の人と自己紹介をしあうことができるようになりました。

2年生は学校名、学年、名前を点字で教えてもらい、点字で打ってオリジナルのしおりを作りました。

 

3年生は体、手足の関節、目、耳に高齢者体験キッドを着けさせてもらい、階段の上り下りをしてみました。普段、若い生徒が高齢者の大変さを感じることはまずできないので、貴重な体験となりました。

最後に今日の感想を生徒に書いてもらいましたが、どの学年の生徒も『普段できない体験をすることができて、とても勉強になりました。これから不自由な人がいたら、できるだけ手伝ってあげたいです。』というような感想をもったようです。

ページの上に戻る