遺愛の春の訪れの代名詞とも言える『クロッカス』が咲き乱れています。

遺愛の春の訪れの代名詞とも言える『クロッカス』が咲き乱れています。
国の重要文化財である旧宣教師館『ホワイトハウス』周辺が特に見頃です。
現在、白と紫のかわいらしい花が見ごろを迎えています。
毎年この季節を楽しみにしてくださっている方も多く、写真におさめたり、鑑賞されたりする方が来校されています。
クロッカスと共に、スノードロップや福寿草も咲いており、春が訪れたことを遺愛生たちに告げています。
ぜひ訪れて春を感じていただけたら幸いです。

函館新聞の記事はこちらをクリックしてください。

ページの上に戻る