10月27日(水)遺愛女子中学高等学校『全校修養会』が開催されました。

10月27日(水)遺愛女子中学・高等学校『全校修養会』が開催されました。

今年は『西島 恵先生』を講師にお招きし、以下のお話しをしていただき、とても貴重な時間を過ごすことができました。

密を避けるために4つの部門を学年ごとに講堂に集まり、他の学年は各教室でオンラインで講演を視聴するという形態でした。

主題『すべてのいのちを愛する』

本校の第1回目の修養会は1953年(昭和28年)にもたれました。

以来数えて今年は第69回目 となりました。
「修養」とは広辞苑によれば、「学問を修め、精神を磨き、人格を高めるように努力すること」とあります。

今年の修養会の主題は『平和』で、講師は西島 恵先生(特定非営利活動法人ワールド・ビジョン ・ ジャパン支援事業部)です。
ワールド ・ ビジョン ・ ジャパンとは、 1950 年にアメリカ合衆国で設立さ れた国際 NGO で、キリスト教精神に基づいて緊急 人道支援、開発援助、政策提言を行っています 。 世界約 90 カ国に事務所があり、ワールド・ビジョン・ジャパンはその事業所の1つです。

西島 恵先生は、特に「ロヒンギャ難民」 への人道支援に関わっています。

「ロヒンギャ難民っ て、どこにいるの?」どうして難民になっているの?J という疑問をもつ人も多いと思います。

なぜ難民が生じたのか?今、その人達はどのような状況に置かれているのか?どのようなことが私たちにできるのか?をこの機会に考え、少しでも行動に移すことができればと思います。

あわせて自分自身の生き方を見つめ直す機会になったと思います。

〜講師紹介〜
西島 恵先生

特定非営利活動法人
ワールド・ビジョン・ジャパン

支援事業部第二課
プログラム・コーディネーター

ページの上に戻る