10月8日(金)遺愛女子中学校『ノーマリー教室』を実施しました。

10月8日(金) 遺愛女子中学校ではノーマリー教室が行われました。

中学1年生は手話教室、中学2年生は点字教室、中学3年生は高齢者体験教室として実施しました。

1年生は、どんなところで手話を使うか、手話を使うときに困ったことなどのお話をうかがいました。その後、基本的なあいさつや自分の名前などを手話で教えてもらいました。

2年生は点字のしくみを教わったのち、自分たちで点字を実際に打ってしおりを作りました。6個の点ですべての文字を表すので、生徒たちは打つ場所を間違えないように、1文字1文字丁寧に点字を打っていました。

3年生は年齢を重ねることで体に起こる様々な変化を教えてもらったのち、生徒が自分の体におもりや眼鏡、イヤホンをつけて高齢者はどんな風に見えたり聞こえたりしているのかを体験しました。

生徒の感想には、見えない、聞こえない、歳を取るということは不便なことや大変なこともあるけれど、周りの人がサポートしたり理解したりすることで同じ社会で暮らせるのではないか、という意見も多かったです。
これからの共生社会を考える良いきっかけになった1日でした。
本日いらしてくださった講師の皆様、本当にありがとうございました。

ページの上に戻る