青学教授のリーディー先生によるオンライン英会話の説明会とミニ講演会を開催しました。

7月5日(月)、6日(火)、日本基督教団の宣教師でもある青山学院大学理工学部教授のデイビッド・リーディー先生が2日間、遺愛の生徒のためにオンライン英会話についての説明会と高校3年生を対象にミニ講演会を開催してくださいました。

この夏、遺愛生はオンライン英会話のモニターとして無料で8レッスン受ける機会をいただきました。このレッスンは、リーディー先生がキリスト教学校にこだわってカリキュラムを組んでくださっており、レッスンをされる先生方も全員プロテスタントのクリスチャンと限定された、大変質の高い内容のプログラムです。

7月5日(月)の説明会では、先生の自己紹介プレゼン(英語)、英会話が必要とされる意義(日本語)などをお話されました。説明会会場でみんなの前で代表生徒がミニレッスンを受けるという機会もいただきました。

説明会後は、会場を移してデモレッスンを実施してくれました。参加した67名の中高生のうち、9割以上の生徒が体験する前は緊張気味でしたが、終わって帰る表情は充実感にあふれ、口々に「楽しかったです!」と言いながら帰って行きました。
中には思ったよりできなくて「悔しいのでぜひまた挑戦したいです」と言っていた生徒もいました。
夏休みの8レッスンでさらに上達させてくれることと思います。

≪1日目プログラムの様子≫

≪2日目プログラムの様子≫

ページの上に戻る