1月28日(木)中学2年生の浴衣着付け教室が行われました。

1月28日(木)遺愛女子中学2年生の『浴衣着付け教室』が行われました。

例年は『6月』に実施していたのですが、今年度の浴衣着付け教室はコロナの関係で『冬の時期』に開催となりました。

家庭科の授業の一環で、講師の先生方が来て下さり『着方』から『たたみ方』までを教わりました。

換気をしながらの浴衣は、少し寒く、季節外れな感じはありましたが、生徒達はみんな指導を熱心に受け、綺麗に着ようと一生懸命でした。

着付けが終わると、華やかさで寒さも忘れるような出来栄えでした。

今年の夏は、みんなが『浴衣』を着てお祭りや花火に出かけられるといいですね。

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

伝統的な衣服を自分で着られるようになるということはグローバルな目線からも大切なことです。よい学びの時となりました。

ページの上に戻る