7月7日(火)介護職員初任者研修の認証式が行われました

7月7日(火)遺愛女子高等学校3年生の『13名』の生徒が『介護職員初任者研修』の認証式に臨みました。

この介護職員初任者研修の講座は、一般コース2年生の選択教科で『函館大谷短期大学』での講義と実習、施設での実習を一年間かけて実施し、ヘルパー2級に相当する資格を目指すものです。今年度は選択した13名全員が資格を取得することができました。

この式のために、一年間のカリキュラムを取りはからって下さった大谷短大の学長先生と、関係の先生がいらして下さり、一人一人に修了証を渡してくださいました。

毎週火曜日、遅くまで講義を受けたりと大変なこともありましたが、その分やりとげた充実感にあふれ、ひとりひとり誇りを持って修了証を受け取ったことと思います。

遺愛では生徒ひとりひとりが社会で役に立つ存在として成長していって欲しいと考えていますので、今回の資格取得はきっとその願いの実現に役立つことでしょう。

また、このプログラムのためにご尽力くださいました大谷短期大学の学長先生をはじめ、関係の先生方に心より感謝申し上げます。

ページの上に戻る