4月7日(火)遺愛女子中学・高等学校の『入学礼拝式』が挙行されました。

4月7日(火)遺愛女子中学・高等学校の『入学礼拝式』が挙行されました。

肌寒くもありましたが、式が始まる頃には明るい日射しが差し込んでおりました。

午前は中学生『53名』が、午後には高校生『228名』の新入生が真新しい制服に身をつつみ、一人の遅刻者・欠席者もなく、入学礼拝式が厳かに挙行されました。

中学生は制服がだいぶ大きく見える生徒もいましたが、どの生徒もこれからの生活に期待を膨らませていることが分かる表情でした。

高校生は落ち着いた姿に見えましたが、全員がマスクをしているため、やや不安そうな顔つきにも見えました。

新型コロナウィルスの影響もあり、間隔を広げ、式も短縮した形で挙行されました。
ご理解とご協力をいただいた新入生、および保護者のみなさまには心より感謝申しあげます。

一日も早く遺愛の生活に慣れ、これからの3年間、そして6年間の学校生活の中で、さらに大きく成長してくれることを大いに期待しております。

ページの上に戻る