10月29日(火)、30日(水)遺愛女子中学高等学校『全校修養会』が開催されました。

10月29日(火)、30日(水)遺愛女子中学・高等学校『全校修養会』が開催されました。
今年は『石山民子先生』を講師にお招きし、以下のお話しをしていただき、とても貴重な時間を過ごすことができました。

主題「バングラデシュの人々と紡ぐ『命を守る持続可能な社会』」について
①日本の学びをアジアへ
②命の水を創る難しさ、自分事として考えてみよう。
③思春期女子が描く未来

本校の第1回目の修養会は1953年(昭和28年)にもたれました。
以来数えて今年は第67回目 となりました。
「修養」とは広辞苑によれば、「学問を修め、精神を磨き、人格を高めるように努力すること」とあります。
今年の修養会は『環境』がテーマで、主題は「バングラデシュの人々と紡ぐ『命を守る持続可能な社会』」です。
講師の石山民子先生は、アジア砒素(ヒ素)ネットワークの理事・職員をされています。

講師の石山先生の属するアジア砒素ネットワーク(ANN)は高千穂町土呂久(とろく)鉱山で発生したヒ素汚染に苦しむ住民を支援した人たちが母体となって1994年に設立されました。96 年から、バングラデシュの地下水汚染問題に取り組んでいる組織です。これまでに設置した井 戸や水の浄化施設は南西部を中心に477基にのぼるほか、住民の医療支援なども続けています。
修養会では、石山先生がたまたま大学時代に訪れたバングラデシュに、今もなおどうして継続的に関わっているのかを知ることができました。
何か私たちがお手伝いできることはあるのか?
「命を守る持続可能な社会」を築いていくために、日本における課題は何なのか?
このままで日本は大丈夫なのか?
私達はどうしたらいいのか?
今の私たちに何ができるのか?
を共に考える貴重な機会となりました。

10月19日(土)遺愛女子高等学校 全コースの『入試ガイダンス』を実施しました。

10月19日(土)午後2時から遺愛女子高校『入試ガイダンス』を開催しました。

あいにくの天気にも関わらず、約300組の中学生、保護者の皆様をお迎えしました。
遺愛アリーナでの開会式のあと、講堂とアリーナに分かれ、それぞれ来年度の『入試の傾向と対策』、現役遺愛生や卒業生の『インタビュー』などを聞いていただきました。
入試に関してはそれぞれの教科の先生方から具体的な問題の傾向や対策方法が話され、受験生の皆さんはメモをとりながら、真剣に話に耳を傾けている姿が印象的でした。
対策会終了後には遺愛吹奏楽局による『ミニコンサート』も行われ、100名を越える中学生、保護者の皆様が参加していました。
(吹奏楽局ミニコンサートの様子はこちらでも紹介しています。)
http://iaisuisougaku.blog.fc2.com/blog-entry-164.html

中学生や保護者の皆様をお迎えする入試関係の行事は今年度はこれが最後になります。
わざわざ足をお運んでいただき、本当にありがとうございました。
来年4月に、また皆さんに遺愛女子高校でお会いできることを心より楽しみにしております。

〜告知用〜
10月19日(土)遺愛女子高等学校 全コースの『入試ガイダンス』を実施します。

14時から、遺愛学院講堂と体育館にて実施いたします。
(入り口は当日、ご案内いたします。)

コースごとの『詳しい紹介』や『入試の傾向と対策』『在校生のアドバイス』など、生の声もお聞かせします。

昨年は約290組以上の生徒保護者のみなさまににご来場いただきました。

終了後には質問コーナーや各部活動の見学もありますので、お気軽にお越しください。
(吹奏楽局によるミニコンサートもあります!)

『筆記用具』と『上靴』を持参していただけると良いかと思います。(スリッパは用意いたします)

帯広会場説明会は11月3日(日)13時より
青森会場説明会は11月4日(月祝)13時より
札幌会場説明会は11月4日(月祝)13時より

10月11日(金)、12日(土)、高校1年生と高校3年生は『体育祭』を行いました。

10月11日(金)、12日(土)、高校1年生と高校3年生は『体育祭』を行いました。

高校2年生は沖縄修学旅行のため、1年生と3年生だけの体育祭というのが特徴的です。

『クラス対抗』で行なわれ、体育祭実行委員を中心に、朝、昼休み、放課後と練習期間が短いながらも練習を積み重ねてきました。

1日目の競技は『バスケット』『バレーボール』『3本綱引き』『ソフトバレーボール』『ドッジボール』『綱引き』の6種目で熱戦が繰り広げられました。

 


2日目は『障害物パン食い競争』『ハリケーン』『玉入れ』『大縄跳び』『綱引き決勝』の5種目で熱戦が繰り広げられました。

体育祭実行委員の皆さんが体育祭の運営のためにとても活躍してくれて、本当にスムーズに進行していたと思います。

3年生にとっての『クラス対抗行事』はこれが最後でした。
最高の思い出になってくれていればと思います。
1人のケガ人もなく、本当に楽しい2日間でした。

10月14日(月・祝)と11月9日(土)に『遺愛中オープン模擬試験』を実施します。

遺愛女子中学校では、2019年10月14日(月・祝)と11月9日(土)に『オープン模擬試験』を実施します。

第1回 10月14日(月・祝)
第2回 11月   9日(土)
集合場所:遺愛女子中学校
集合時間:8時45分
持ち物:筆記用具、上靴(受験票は当日、受付にて配布いたします。)
受験料:1000円(試験当日に受付でお支払いください)
服装:自由です。
保護者のみなさまは、受付を済ませた後、一度帰られても構いませんし、学校でお待ちいただくこともできます。

第1回オープン模試の申込み〆切は10月9日(水)までになります。(すでに申し込んだ方はよろしいです。)

何かご質問がありましたら、お気軽にお電話ください。
学校Tel 0138-51-0418です。詳しい要項は下記の資料をご覧ください。

ホームページによる詳細はこちらをクリックしてください。

遺愛女子中学オープン模試の案内のPDFはこちらをクリックしてください。

10月11日(金)遺愛女子中学校『ノーマリー教室』が行われました。

10月11日(金)中学校では『ノーマリー教室』が行われました。この行事はすべての人が普通(ノーマル)に生きられる社会を考えるために行われているものです。

全体の講演は、視覚障がいの実際についてお話をして下さった講師の先生とともに盲導犬が来てくれました。
後半は学年ごとの学びでした。1年生は手話、2年生は点字、3年生は高齢者擬似体験です。

それぞれのプログラムを通して、貴重なことを学び、これから全ての人が普通に生きがいのある人生を送る社会になるために、どういう考えを持ち、どんな行動をすれば良いかに思いを深めることができました。

お忙しい中、おいで下さいました講師の先生方、本当にありがとうございました。

10月10日(木) 高校二年生『沖縄修学旅行』5日目を終えて全員元気に帰函しました!!

10月10日(木)高校二年生修学旅行5日目です!
朝は宿泊していたホテル「ロワジールホテル那覇」で朝食バイキングを楽しんだ後『おきなわワールド』に向かいました。
玉泉洞を見学したり、エイサーショーを鑑賞したり、買い物に励んだり、と園内を自由に散策しました。
遺愛生の一番人気は「幸運の白ヘビと記念撮影」!白ヘビを首に巻くためにカメラを片手に長蛇の列を作る遺愛生が目立っていました。
おきなわワールドで昼食をとった後は、各クラスでバスに乗って那覇空港へ。
空港に向かうバスの中では、5日間を振り返って旅の終わりを寂しがる遺愛生の姿がありました。
沖縄の文化、平和について貴重な学びを得た遺愛生は、この旅を通して精神的に大きく成長しました。沢山の思い出をもって、248名全員元気に帰函しました!
    

〜4日目〜
10月9日(水)高校二年生修学旅行4日目です!
午前中は体験王国『むら咲むら』へ。アクアキャンドル作り、三線体験、シーサー色付け体験など沢山の種類の中から自分の気になるものを選択し、各々学習しました。決められた工程の中でそれぞれ個性豊かなものを作り出しており、集合時間ギリギリまで集中して創作活動に励む遺愛生の姿がありました。
午後は待ちに待った『那覇市内自主研修』の時間です!
太陽が照っている『国際通り』は、観光客で溢れかえっています。バスから降りた遺愛生たちは、人混みの中を張り切って猛進していきました。
ホテルに戻ってからは楽しそうに自主研修の出来事を話す、遺愛生のいきいきとした笑顔が印象的でした。

〜三日目〜
10月8日(火)高校二年生修学旅行3日目です!
本日は『沖縄の自然・環境』に触れる一日になりました。

午前中は『沖縄海洋博公園・美ら海水族館』を見学しました。大きなジンベイザメの水槽に驚いたり、『オキちゃん劇場』でイルカショーを楽しんだり、各々自由に公園内を散策しました。

本日宿泊する予定のホテルは『ホテルモントレ沖縄リゾート&スパ』です!レモングラスのアロマが香るホテルロビーからは、色鮮やかなエメラルドグリーンの海が一望できます。

到着してすぐ水着に着替えた遺愛生たちは、ホテルの目の前にあるタイガービーチで、約1時間半のビーチ研修を満喫しました。泳ぐ子、浮き輪でぷかぷか浮く子、ビーチフラッグ対決をする子、貝殻を集める子、遊び方も自由です。ビーチには穏やかな波の音が掻き消されるほどに、明るく楽しそうな笑い声が響いていました。
   

〜二日目〜
修学旅行2日目は『平和』について学び、考える1日になりました。
午前中は平和学習としてクラス毎に『ガマ(自然洞窟)』に入壕しました。
専門ガイドさんに同行していただき、戦時中、ガマがどのように使われていたのか、どのようなことが起きていたのか、その歴史を学びました。持ってきた懐中電灯を切り、真っ暗になったガマの中はとてもジメジメしており、しかし何かひんやりした空気を感じました。
その後『ひめゆり平和祈念資料館』へ移動し、沖縄戦で看護要員として動員されたひめゆり学徒227名の戦争体験について学びました。
午後からは『沖縄県平和祈念公園』で新里スエ様に沖縄戦体験について話していただきました。力強く迫力のある講話で、遺愛生は皆真剣に聞き入っており、平和について考える良い機会をいただけました。
沖縄戦の悲惨さを学び、少し落ち込み気味の遺愛生でしたが、夕食後に『ちびっ子エイサー』を観たことでいつもの明るさ、いつもの元気を取り戻しました!
最後は音楽に合わせ『カチャーシー』を踊り、平和で楽しい時間を過ごすことができました。

〜1日目〜
10月6日(日)遺愛女子高等学校2年生が全員元気に沖縄修学旅行に出発しました!!

10月6日(日)高校二年生が修学旅行に出発しました!
朝早く7時半に空港に集合し、保護者の方々、先生方に見送られながら、高校二年生『248名』が『ANA』と『JAL』に分かれて飛行機に乗り込みました。
4時間弱の空の旅を堪能した後は早速『首里城』公園へ。改修工事が終了し綺麗になった正殿を見学し、各々琉球王国の歴史を学びました。
時折涼しい風が吹く那覇市内には、ふだん北海道では見られない自然があふれています。豊かな自然風景を見て目を輝かせる遺愛生でした。
  

10月9日(水)PTA文化部による『秋の行事』が行われました。

10月9日(水)PTA文化部による『秋の行事』が行われました。
函館最古の寺院である『高龍寺』の歴史を学び、座禅体験も実施してきました。
羅漢堂はもちろん、お盆の時期にしか見られない「地獄絵図」もお寺のご好意により、拝見させていただくことができました。
その後、約30年ぶりに復活した『八花倶楽部』で昼食をいただきました。
写真はそのときの様子です。
とても素敵な時間を過ごすことができました。
 
 

9月30日(土)第4回『函館の戦争を歩く』平和学習を実施しました。

9月30日(土)第4回『函館の戦争を歩く』平和学習を実施しました。

 今回は「治安維持法」をテーマに、函館に埋もれてしまった様々な人の想いを感じることを目的としました。教会訪問やグループワークを通じて、戦争の悲惨さを身近に感じ、平和の大切さを発信していけるいい機会になったと思います。
今回、参加してくれた生徒の感想を以下に抜粋していますのでご覧ください。

 今回の第四回平和学習は、「治安維持法」というテーマをもとに、函館山のふもとにある、函館護国神社、函館教会、常盤小学校跡、称名寺を巡りいろいろな角度から戦争と平和について考えてみた。

 最初に、まちづくりセンターで遺愛の戦争中の歴史について説明を受けた。次にYWCAピースプランニング委員会の丸山さんによるピースマップを作ったきっかけや思いを聞いた。そして、前回参加した三年生から、広島での平和学習で学んだことを聞いた。

 函館護国神社では、第二次世界大戦中の学徒援農記念碑の周辺で、その当時の遺愛生の行った援農についての歴史と、護国神社が「小山牧師補獄死事件」のきっかけとなった場所であったということだった。

 次に函館教会にて、松本牧師により「小山牧師補獄死事件」についてお話を伺った。「小山牧師補獄死事件」とは、戦時中、隣組による輪番制の戦勝祈願の護国神社参拝を拒否した函館正教会(旧ホーリネス系)小山宗佑牧師補が、昭和17年1月に治安維持法第7条(不敬)及び軍平報99条(造語飛語)によって逮捕され、過酷な取り調べの末、獄死するという事件だ。この事件は、治安維持法という法律によって戦時中には「思想・良心・信教の自由」というものがなかったことを表し、また、小山牧師補が獄中で自殺したと公には言われているが、それについて周囲が異論を唱えることもできず、個人の尊厳というものが存在しない時代であったということも知ることができた。

 続いて、常盤小学校跡にて「ナット売り」という作文をもとに、「北海道綴方教育連盟事件」を通して治安維持法についての話を聞いた。この作文は常盤小学校の当時4年生であった菅原奈々夫という生徒によるものであり、冬の寒い朝、家の生計を助けるため、初めて兄と納豆売りをするという内容である。そして、これを読んだ全道の多くの教員は感動し、交流が始まる。これが「北海道綴方連盟」の発端となった。しかし、この作文が「資本主義社会の矛盾を自覚させ、階級意識を醸成した」として治安維持法によって取り締まられ、全道各地で55人の教員が検挙、うち12人が起訴され、「北海道綴方教育連盟事件」となった。この事件は、この作文が共産主義という思想を推し進めるものとして危険視されたことが発端であるが、治安維持法という法律がいかに恐ろしいものであったかを痛感させるものでもあった。

 称名寺では、函館の空襲の慰霊碑を見た。空襲というと東京大空襲が有名だが、当地函館でも空襲は行われていた。この空襲により、称名寺から見渡すことのできる函館山山麓は全焼、ほかにも鍛冶町のほうまで被害があり、合計384戸の被害と、死者、負傷者合わせて107名が被害にあった。また、慰霊碑の両側には英語で書かれた石碑がある。これは、この空襲に巻き込まれたアメリカ人戦死者たちである。このことから、私たちは普段、被害者であることばかりに目を向けがちであるが、加害者であることも忘れてはならないということを学んだ。

 各所を見学の後、函館まちづくりセンターに戻り、今回の平和学習のテーマである「治安維持法」について、改めて考え、そして考えの交流を深めた。最後に、私はこの平和学習を通して、第二次世界大戦中の日本について、授業だけでは学ぶことのできない、違う目線からの日本を知ることができた。特に、今回のテーマである「治安維持法」という法律は、今までは「治安警察法」とセットにして暗記するだけのものでしかなかったが、この法律がいかに国民の自由を奪っていたかを知ることができ、そして、この学習で印象的だった「過去の過ちを繰り返してはいけない」という言葉の通り、私たちはこの学習を通して、個人が持つべき自由を尊重できる社会を考えていかなければならないと思うとても良い機会になった。


10月5日(土)遺愛女子中学校『体育祭』が遺愛アリーナ(体育館)にて実施されました!!

10月5日(土)遺愛女子中学校『体育祭』が、遺愛アリーナ(体育館)で開催されました。

開会式では、校長先生から『One for all,All for one』 や『No side』の精神のお話しをしていただきました。

競技は『借り人競争』『パン食い競争』からはじまり『ハリケーン』『大玉転がし』『綱引き』『三本綱引き』『玉入れ』と続き、メンバー全体で飛ぶ『大縄跳び』で締めくくりました。各チーム、この2週間余りの練習の成果を発揮できたと思います。

最終結果は、接戦の末『緑チーム』の優勝となりましたが、本当にどのチームも全力で競技に取り組んでいました。

最初に校長先生からいただいたお話の通り『One for all, All for one』 や『No side』の精神をみごと実践してくれた生徒たちでした。

応援に来てくださったたくさんの保護者の方々、手伝いに来てくれた卒業生のみなさまに心より感謝申し上げます。

〜告知用〜
10月5日(土)遺愛女子中学校『体育祭』が、遺愛アリーナ(体育館)にて、実施されます。
8時45分より開会式、9時10分より競技が開始され、12時50分には終了予定です。

保護者の皆様、小学生の皆様も楽しめる競技もありますので、ぜひご参加いただけたら幸いです。

ここ数年早目に進行しておりますので、それぞれの競技時間より早めにご来校いただけたら幸いです。

保護者のみなさまはアリーナ(体育館)の2階ギャラリーでの応援となります。

本館改築工事の関係で本館近くの駐車場があまり広くありません。ご不便をおかけしますが、できましたら公共交通機関をご利用いただけたら幸いです。
ご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。

ページの上に戻る