6月26日(火)留学生約20名が『茶道体験』をするために来校しました!

6月26日(火)、27日(水)の2日間、北海道国際交流センターより、留学生約20名が『茶道体験』のために遺愛女子中学・高等学校に来校しました。

初めての茶道だったとは思いますが、実際のお点前に挑戦し、みなさん真剣に取り組んで頂きました。茶道部の生徒達とも和気あいあいと交流し、とても充実した時間を過ごすことができました。
ぜひまた機会がありましたら、ご来校をお待ちしております。

 

函館市芸術ホールにて『向日葵のかっちゃん』を上演します。多数のご来場を!

ベストセラー『向日葵のかっちゃん』原作、脚本・演出担当の『西川 司さん』は遺愛学院の職員でもあります。

8月23日(木)に函館市芸術ホールで演劇「向日葵(ひまわり)のかっちゃん」(主催・函館公演実現実行委)を上演します。

多数のご来場をお待ちしております!

【北海道新聞電子版より】
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/203332/

6月26日(火)「青少年のための200冊」ポスターのモデル校として選ばれました!!

ここ数年、毎年の様に『北海道読書感想文コンクール』において、遺愛女子中学・高等学校の生徒が多数入選しております。

昨年は現在高校3年生の館山紋奈さんが「北海道知事賞」を受賞し、個人の特別賞にも多数入選しました。

また、小・中・高それぞれ北海道で1校だけ選出される学校賞の分野でも、2015・2016年は「遺愛女子中学校」、2017年は「遺愛女子高校」と、3年連続で選んでいただいております。

こうした活躍が評価され、今年度の「青少年のための200冊」ポスターのモデル校に選ばれました。

北海道すべての学校に掲示されます。

ポスターに協力してくれたのは2016・2017年度の受賞者のみなさんです。どうぞご覧ください。

また、キャッチフレーズ『本の世界を旅しよう!』は昨年、知事賞で全国でも入選した館山紋奈さんが考えてくれたものです。」

「青少年のための200冊」ポスターはこちらです

 

6月23日(土)本日、中学2年生の『野外授業』を実施しました。

6月23日(土)遺愛女子中学2年生が、野外学習として『東山の崖』に地層を調べに行ってきました。

1千万年前の地層を調べたり、函館の段丘地形を眺めたり、4万年前の火山灰を探してとってきたりと、暑い中ではありましたが、みんな一生懸命に学習してきました。

来週の理科の授業で、さらに調べていきます。

〜告知用〜
6月23日(土)理科の授業の一環として毎年実施している中学2年生対象の『野外授業』を本日予定通り実施します。

『帽子』を忘れず、『薄い長袖』を着用しておくと良いと思います。

実りある一日になりますように。

6月19日(火)大学や看護学校の施設見学をさせていただきました。

6月19日(火)に遺愛女子高等学校の生徒が下記の施設に学校見学をさせていただきました。

①函館厚生院看護専門学校
②市立函館病院高等看護学院
③北海道教育大学函館校

進学や将来を見据えて、見学を希望した生徒達ですので、真剣な眼差しで参加させていただき、施設によっては体験をさせていただくという貴重な機会をいただきました。
ご協力してくださった関係者のみなさまに心より感謝申しあげます。

写真は、②市立函館病院高等看護学院の様子です。

ページの上に戻る