12月27日(水)HIFの企画で留学生との第2回 交流会を実施しました!

12月27日(水)北海道教育大学函館校の留学生の皆さんとの第2回 交流会を実施しました。
先週は遺愛学院に留学生の皆さんを招待しての交流会でしたが、今回は北海道教育大学函館校に招かれました。
ノルウェーからの学生のみなさんのプレゼンを聞き、遺愛の生徒も日本文化のプレゼンをして、その後はサロンで自由に英会話と情報交換を楽しみました。
生徒のプレゼンのスキルも回を重ねるごとに上達してきました。
韓国や台湾などアジアからの留学生とは、函館の見どころを話したり、アメリカ人留学生とは好きなアニメの話で盛り上がったりと、90分では短すぎる交流会となりました。
英語科の生徒のお土産「折紙を使った手づくりストラップ」は先週に引き続き、注目の的でした。
来年の客船ボランティアに向け、たくさん用意していくことになりそうです。
今年最後の交流会行事もとても有意義に過ごすことができました。
HIFの池田さん、スタッフの皆さん、教育大学の関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

12月23日(土)管楽器個人コンクール函館地区大会にてW金賞と代表権獲得!

北海道管楽器個人コンクール函館地区大会(函館地区吹奏楽連盟など主催)が12月23日(土)に、北斗市総合文化センターかなでーるで開催されました。

高校生のソロの部門は12名の出演でしたが、その中でも遺愛女子高校の『稲垣和奏さん(オーボエ)』と『穂積咲季さん(フルート)』は二人とも『金賞』を受賞し、穂積咲季さんは12名中1位という成績で函館地区の代表に選ばれました。
伴奏は遺愛女子高等学校卒業で、遺愛の教師でもあった谷藤有紀先生です。

二人とも「本番が今までで一番良い演奏ができた」ということで、大きな自信を手に入れたようです。

穂積さんは2月18日(日)に札幌市民ホールで開催される北海道管楽器個人コンクールに出演いたします。

函館地区吹奏楽連盟のホームページはこちらです。

函館新聞の記事はこちらです。

12月20日(水)HIFの企画で『20名の留学生』との交流会を実施しました!

12月20日(水)は函館市に滞在中の留学生と遺愛女子高校二年生有志との交流会を実施しました。
20名の留学生をお迎えし、プレゼンで日本文化を紹介し、その後ブースで日本のお菓子の食べ比べや流行りのアニメの紹介をして楽しんでもらいました。
HIF(北海道国際交流センター)の池田さんからは「高校生の視点からの日本文化の紹介が素晴らしい!是非、教育大の授業にも来て欲しい。」との嬉しいコメントを頂きました。
客船ボランティアのない時期ですが、久しぶりの外国の方々との交流はとても有意義な時間だったようです。

このような貴重な機会を下さいましたHIFの池田さん、スタッフの皆さまに感謝を申し上げます。
またお手伝いさせて頂ける事がありましたらよろしくお願いします。

北海道国際交流センター『HIF』のホームページはこちら
http://www.hif.or.jp/

 


12月19日(火)『クリスマス礼拝』を執り行いました。(動画付き)

12月19日(火)、本校のクリスマス行事最後の『クリスマス礼拝』が守られました。

厳かな雰囲気の中、聖書朗読、賛美と続き、途中に入る各学年の歌も大変、素晴らしいものでした。
最後には全員でハレルヤコーラス!
昨日までの練習の成果がよく出ていて、天にも響く歌声となりました。

礼拝にご参列してくださった皆様、ありがとうございました。

全校生徒によるハレルヤコーラス動画です。

〜告知用〜
12月19日(火)のクリスマス礼拝に向けて、全校生徒による合唱練習が本格化してきました。
讃美歌、学年合唱、そしてハレルヤコーラスの練習をこの1週間、毎日実施してきました。
毎朝、朝の礼拝の後に時間をとってハレルヤコーラスを音楽科の先生方の指導のもと、全校で練習をしてきました。

クリスマス礼拝は12月19日(火)10時からになります。ぜひご参列いただけたら幸いです。

12月18日(月)ハレルヤの最終練習です。

遺愛生の活躍(12月18日発行 校長室便りから)

遺愛生の活躍(12月18日発行 校長室便りから)

2017年度全道読書感想文コンクール
北海道教育振興会長賞 中2村上さん

全道高等学校体育大会フィギュア競技女子B 高1安味さん

【高校写真部】
第41回 全道高等学校写真展 佳作 高3研谷さん、澤田さん

【中学・高校書道部】
第51回 全道高校書道展 優秀賞 高2飯塚さん
第64回 函館書藝社展 秀作 高2加川さん、入賞 高1佐藤さん
第62回 全道学校書道展 特選 中1小椋さん、高2飯塚さん、秀作 20名

【高校英語部】
函館地区英語弁論大会 団体3位

【地学部】
第56回 全道高校理科研究発表大会 奨励賞、ポスター賞
中学地学部 海の宝アカデミックコンテスト2017 海の宝大賞(最優秀賞)

【放送局】
第40回 放送コンテスト道南地区大会
アナウンス部門奨励賞 平尾さん、朗読部門優良賞 波佐谷さん、阿部さん
研究発表部門優良賞 石村さん、ビデオメッセージ部門 優秀賞

【高校バレーボール部】
第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会函館支部予選会準優勝
第9回函館バレーボールオーブン大会第3位

【高校バスケットボール部】
函館地区高校バスケットボール冬季大会 第3位

【高校新体操部】
第32回北海道高等学校 新体操新人大会 新体操2部 個人2位 高2加藤さん、6位 高1飛鳥さん

【高校弓道部】
高体連函館支部弓道秋季新人戦大会 個人6位 高1松浦さん

【中学羽球部】
道南中学生新人バドミントン大会 団体3位、ダブルス優勝 中2小柳さん、中2藤川さん

【高校羽球部】
第69回函館地区バドミントン選手権大会 ダブルスA優勝 高2佐々木さん、高1森川さん
シングルスA優勝 高1森川さん
ダブルスB準優勝 高1大石さん、関田さん
シングルスB準優勝 高1石田さん
第69回高体連函館支部新人バドミントン大会 団体準優勝
ダブルス優勝 高2佐々木さん、高1森川さん、5位 高2小甲さん、高2宮村さん
シングルスB準優勝 高1森川さん、5位 高2佐々木さん

【吹奏楽局】
第19回全日本高等学校吹奏楽大会in横浜 『連盟理事長賞』

12月16日(土)遺愛講堂にて『クリスマスのゆうべ』が開催されました!

12月16日(土)本校の講堂にて「クリスマスのゆうべ」が行われました。雪が降りしきり、足元が悪い中、大勢の方がいらっしゃってくださいました。

第1部は礼拝でした。聖歌隊の透きとおる歌声から始まり、厳かな時を共に過ごしていただきました。
第2部は音楽のプレゼントということで、様々な音楽を楽しむ時となりました。
ハンドベルクワイアのオープニングから始まり、吹奏楽局のフルートとオーボエのソロ演奏でした。コンクールを控えているだけあって、素晴らしい音色を聞かせてくれました。
その後は音楽部による合唱、白須先生によるソプラノ独唱、聖歌隊の歌やパイプオルガンの独奏、ハンドベルの演奏などがありました。どの演奏も素敵で、とても聞きごたえがありました。
最後はお楽しみの時間!今年のサンタとトナカイはギターがお好きなコンビでした。

 皆さまと一緒にクリスマスの喜びを分かち合えたことを感謝します。

来年もぜひご来場いただけたら幸いです。

クリスマスのゆうべプログラムはこちら!

          

 

 

〜告知用〜
12月16日(土)、午後3時30分より「クリスマスの夕べ」が遺愛女子中学・高等学校『講堂』において開催されます。

吹奏楽局員によるソロ演奏、ハンドベル部、音楽部、遺愛の教員による演奏、有志による演奏などを披露しながら、市民の皆様と共にクリスマスをお祝いしたいと思います。

入場はもちろん無料ですので、ぜひご来場いただけたら幸いです。

12月13日(水)シンガポール友好親善交流の一環として交流会を開催しました!

12月13日(水)『函館シンガポール協会事務局』からシンガポール友好親善交流の一環として、遺愛生と交流を深めたいというありがたいご提案を頂き、実現しました。
高校2年生の英語科と特別進学コースの有志が日本文化について英語でプレゼンを行いました。
お返しに、シンガポールの「ツーリズムアワード」受賞者による一流の観光に関するプレゼンも聞かせて頂きました。
来年の客船ボランティアの時にさらなるおもてなしができるよう生徒達は真剣に耳を傾けていました。
その後、生徒たちのアイデアで設置した色々な体験ブースを楽しんでもらいました。日本のお菓子やお茶、手づくりのストラップなど、生徒の柔軟な発想で用意した各ブースの催し物も楽しんでもらえたようです。
英語科のある生徒は「いつもの客船ボランティアも楽しいけれど、今回は逆に自分達の校舎を見てもらえてとても嬉しかった。」と感想を述べてくれました。
またシンガポールからのお客様の1人は「日本の高校生とこのような交流が持てるとは思ってもいなかったので本当に楽しかった。校舎も素敵だし、雪を見たのも初めてで感激しました。」と初めて体験する雪にもとても喜んでいたようです。
来週は留学生20名との文化交流をする機会もあります。
このような貴重な機会を与えて下さいました函館国際観光コンベンション協会、函館シンガポール協会事務局の皆様に心より感謝申し上げます。

12月6日(水)函館市内の各所で『キャロリング』を開催しました。

12月6日(水)函館市内の各所で遺愛生による『キャロリング』が開催されました。

キャロリングとは、クリスマスの歌声を届けることで、遺愛では30年ほどの歴史があります。

生徒達が病院や教会など、市内17施設に出かけ、クリスマスの喜びを、讃美歌などを歌って多くの方々にお届けしました。

今年は230人以上の生徒がグループに分かれて、市内の病院や福祉施設、教会などに美しい歌声を響かせました。生徒達も聞いて下さっている方々に喜んでいただけるよう、心を込めて歌い、手作りのクリスマスカードを手渡す機会もあり、良い交わりの時となりました。

聴いて下さった皆さんの心に少しでもクリスマスの喜び、慰めが届いていたら幸いです。

函館新聞の記事はこちら!

第63回青少年読書感想文全道コンクールにおいて『学校賞』を受賞しました!

第63回青少年読書感想文全道コンクール、第43回北海道指定図書読書感想文コンクール(毎日新聞社、北海道学校図書館協会主催)の表彰式が12月3日、札幌市中央区で開催されました。最高賞の知事賞を受賞した遺愛女子高2年の館山紋奈さんは作品を朗読し、披露しました。

その他にも遺愛からはたくさんの受賞者がおりました。
受賞者の結果一覧は下記にまとめてあります。(クリックしてみてください)

遺愛中高感想文 受賞作品全道結果一覧

なお、北海道の高等学校から1校だけ選ばれる『学校賞』に遺愛女子高等学校が選ばれました。

毎日新聞の記事はこちらです。
https://mainichi.jp/articles/20171204/ddl/k01/040/052000c

 〜結果速報〜11月分
第63回青少年読書感想文全道コンクールにおいて、中学の部、高校の部ともに遺愛から、たくさんの生徒が受賞しました。

北海道知事賞(全国コンクール応募):高校2年生

北海道教育委員会教育長賞:高校3年生

北海道教育振興会長賞:中学2年生、高校1年生

北海道教育文化協会賞:高校1年生

優秀賞:中学3年生、高校1年生

優良賞:中学2年生 2名

また、学校全体としても高等学校の部で『学校賞』をいただくことができました。

生徒たちが一生懸命書いた作品が、北海道でも高い評価をいただきました。
大変嬉しい快挙となりました。

ページの上に戻る