10月26日(木)、27日(金)『全校修養会』が行われました。

2017年10月26日(木)、27日(金)
『全校修養会』が行われました。

講師 北川聡子先生
【社会福祉法人麦の子会 総合施設長】

主題:みんな大切な命
第1回講演
「あなたの若い日にあなたの造り主を覚えよ」

第2回講演
「私の兄弟であるこれらの最も小さい物の一人にしたのは、すなわち私にしたのである」

第3回講演
「心の貧しい人たちは、幸いです」

法人「麦の子会」の総合施設長として、素晴らしい働きをなさっている北川先生のお言葉一つ一つをしっかりと受け止め、考え、友と語りあい、さらに深く考え、共に「命を大切にする」生き方を実践できるよう研鑽につとめていければと思います。

この修養会が、生徒達の将来に、きっとつながることを期待してやみません。

【函館新聞の記事はこちらです】
福祉や命を考える 遺愛女子中高が修養会
https://digital.hakoshin.jp/news/edu/27472

10月21日(土)遺愛女子高等学校『入試ガイダンス』を開催しました!

10月21日(土)、午後2時から遺愛女子高校『入試ガイダンス』を開催しました。あいにくの天気にも関わらず、280組以上の中学生、保護者の皆様をお迎えしました。
遺愛アリーナでの開会式、学校長挨拶のあと、講堂とアリーナに分かれ、それぞれ来年度の『入試の傾向と対策』、現役遺愛生や卒業生の『インタビュー』などを聞いていただきました。
入試に関してはそれぞれの教科の先生方から具体的な問題の傾向や対策方法が話され、受験生の皆さんはメモをとりながら、真剣に話に耳を傾けている姿が印象的でした。
対策会終了後には遺愛吹奏楽局による『ミニコンサート』も行われ、100組を超える多くの中学生、保護者の皆様が参加していました。
また、現役遺愛生による寮の案内も好評を頂けたようです。

中学生や保護者の皆様をお迎えする入試関係の行事は今年度はこれが最後になります。わざわざ足をお運んでいただき、本当にありがとうございました。
来年4月に、また皆さんに遺愛女子高校でお会いできることを楽しみにしております。

〜告知用〜
10月21日(土)遺愛女子高等学校 全コースの入試ガイダンスを実施します。

14時から、遺愛学院講堂と体育館にて実施いたします。
(入り口は当日、ご案内いたします。)

コースごとの『詳しい紹介』や『入試の傾向と対策』『在校生のアドバイス』など、生の声もお聞かせします。

昨年は約340組以上の生徒保護者のみなさまににご来場いただきました。

終了後には質問コーナーや各部活動の見学もありますので、お気軽にお越しください。(吹奏楽局によるミニコンサートもあります!)

『筆記用具』と『上靴』を持参していただけると良いかと思います。(スリッパは用意いたします)

帯広会場説明会は10月28日(土)13時より
青森会場説明会は10月28日(土)13時より
札幌会場説明会は10月29日(日)13時よりとなっております。
詳細は下記のちらしをクリックしてください。

入試ガイダンス2017PDFはこちらをクリック!

10月21日(土)高校2年生を対象に『進路ガイダンス』を開催しました。

遺愛女子高等学校2年生を対象に『進路ガイダンス』が開催されました。

大学や看護学校、企業や卒業生のみなさんをお呼びして、それぞれの教室で生徒一人につき『3種類』まで説明を聞く機会を設けました。今回は以下の皆様から約30分という短い時間でしたが、とても丁寧な説明をいただきました。
【大学】中央大学、北海道科学大学、藤女子大学、北海道医療大学、東北学院大学、北海道情報大学、函館大谷短期大学
【予備校】看護予備校、駿台予備校
【専門学校】北海道理容美容専門学校、日本工学院専門学校、函館歯科衛生士専門学校、盛岡医療福祉専門学校、愛犬美容看護専門学校
【総合】蔦屋、ライセンスアカデミー、ハローワーク、卒業生

あえて高校2年生というこの時期にこのような機会をもつことで、生徒達は進路に対して早めに真剣に向き合う機会になったと思います。来校された大学講師の先生方も「このような機会を設けてもらえると、こちらも勉強になるが、何よりも生徒達にとってすごく大事なことですよね」とこのような機会の有意義さを強調してくれました。
説明会に参加してくださった皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。

10月20日(金)『たった一つの命』卒業生の西尾さん講演会

10月20日(金)に「たった一つの命」の講演会が中学生対象に行われました。

遺愛卒業生の西尾さんの娘さんが、病気によって亡なくなる前に残したメッセージを広めようと始まった朗読会。この活動がどんどん広まりそして本日、西尾さんの長年の思いが実現し、母校である遺愛での講演会が実現しました。

朗読会では、西尾さんの娘さんが書いた「たった一つの命だから」に続くエピソードとメッセージをたくさんの人から募集し、その中のいくつかを紹介していただきました。

「車椅子のS君」

「大切な命」

「言葉の一人歩き」

「おばあちゃんへ」

「今も息子は生きています」など・・・

朗読の間、生徒達が涙を拭う様子や鼻をすする音などが聞こえてきました。

『命の大切さ』を考える本当に良い機会となりました。

10月14日『ユジノサハリンスク市訪問団』に遺愛中学校からも参加します!

10月14日(土)~18日(水)までの5日間、ユジノサハリンスク市(樺太)での函館市中学生海外派遣事業『ユジノサハリンスク市訪問団』として、約5日間、遺愛中の生徒も参加してきます。
世界への視野を広げて、現地の人々との交流を通し、成長して元気に帰ってくることを期待しています。

写真は出発式の様子です。

ページの上に戻る