10月11日(木)遺愛女子高等学校2年生『修学旅行5日目』

10月11日(木)遺愛女子高等学校2年生『修学旅行5日目』いよいよ最終日になります!

修学旅行最終日の『ロワジールホテル』の朝食には沖縄名物の『紫いも』が並んでいました。とても美味しかったです!
デザートは『シークワーサー』かと思いましたら、普通の『みかん』でした。

疲れているのか、寂しいのか、最後の朝食はしっとりとした雰囲気でした。

5日間お世話になった『2人の保健師さん』にもみんなで御礼を言いました。本当に頼りになる保健師さん達でした。
昨年と同じ方々でとても安心できました。

ちょっとしたホテルエレベーター前の置物や鏡も素敵な感じです。

沖縄修学旅行最後の見学地は『首里城』です。
http://oki-park.jp/shurijo/

2000年の記念紙幣2,000円札の絵柄にもなっている『守礼門』の前で記念撮影です。

『園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)』
琉球の石造建造物の代表的なものであり、現在、国指定重要文化財となっていて、2000年(平成12)には世界遺産に登録された門です。

『歓会門(かんかいもん)』です。

『龍樋(りゅうひ)』
龍の口から湧水が湧き出していることからそのように名付けられたそうです。

『瑞泉門(ずいせんもん)』
「瑞泉(ずいせん)」とは「立派な、めでたい泉」という意味だそうです。

『漏刻門(ろうこくもん)』

『広福門(こうふくもん)』

『奉神門(ほうしんもん)』

『南殿・番所(なんでん・ばんどころ)』

そして『正殿(せいでん)』
正殿に入るところでは特製の『うちわ』が無料配布されていました。

国王が座る玉座のことを『御差床(うさすか)』というそうです。きらびやかです!

首里城は琉球王国時代に3度も焼失し、廃藩置県後は激しく荒廃しました。
そして沖縄戦では完全に焼失してしまったそうです。
現在の建物は1992年に復元されたもので「こんな新しい建物が世界遺産に?」と不思議に思いましたが、実は世界遺産に登録されたのは復元された建物ではなく、『残された遺構部分』なのだそうです。
床のガラス下にその遺産が残って見えます。

再建築用のモデルやミニチュアも本当によくできています。

最後に見るモノレールもなんだか懐かしく感じました。

バスガイドさんとの楽しいひとときもあっという間でした。

那覇空港ではガイドさんとの『最後の別れ』を惜しんでいました。

那覇空港です。カバンがとてもカラフルです!

那覇空港の胡蝶蘭で迎えられ、胡蝶蘭で送られました。

昼食は機内食です。『タコライス弁当』!!

羽田空港到着後は場所がなく、通路での解散式となりました。

うまく連結ができずに羽田空港で約1時間ほどの待ち時間がありました。

函館行きの飛行機にはバスで移動します!

無事に函館に着陸!思わず大きな歓声が!!

みんなホッとしたのか、満面の笑顔での到着です。

保護者の皆様もたくさん待っていてくれました!

今回の旅行で本当にお世話になった『日本旅行の大野さん』とも記念撮影!!

生徒達は、あっという間に保護者の皆様と共に空港を後にしました。

沖縄は約30℃、到着したときの函館は約15℃、同じ国とは思えない気温差でした。風邪をひかないことを祈るばかりです。

帰りの全日空のCA(客室乗務員)さんに「とても落ち着いた生徒さん達ですね」と褒められました。
疲れていただけではないはずです。
旅行を通じて、ひとまわりもふたまわりも大きくなった生徒達。この経験を生かして、これからの学校生活もさらに充実させてくれることを心より祈っています。

10月10日(水)遺愛女子高等学校2年生『修学旅行4日目』

10月10日(水)遺愛女子高等学校2年生『修学旅行4日目』

ホテル『モントレ沖縄』の素敵な部屋を「離れたくない〜」という生徒もいたくらい素敵な空間でした。

だんだんモントレが遠くなるほど「あ〜あ〜」というため息が聞こえていました。

本日は『体験学習』と『自主研修』というプログラムになっています。
午前中は体験王国『むら咲むら』にて、あらかじめ希望した内容を体験します。

『むら咲むら』は1993年に話題を呼んだNHK大河ドラマ「琉球の風」の舞台として当時の那覇久米村を再現した沖縄県内で最も大きい体験村です。
http://murasakimura.com

園内の石垣もその趣を維持しています。

①染色体験・バンダナづくり

  

②パインジャム作り

③サーターアンダギー作り体験

④サンゴのストラップ作り


⑤シーサー色づけ体験


⑥三線教室



⑦本格エイサー体験



体験後にはちょっとした買い物も楽しみました。ここは『アクセサリー屋』さん。
とても会話の上手な店員さんでした!!

昼食会場はパフォーマンスステーキで有名な『キャプテンズイン』です!クルクルと塩胡椒を回転しながら、ステーキを焼いていくパフォーマンスは生徒達も大盛りあがりでした!まるでマジックショーを見ているようです。


そして、歩いて沖縄県庁前まで!
(食後の散歩)

いよいよ那覇市内自主研修が開始されました!!

『国際通り』は一般のツアー客もいて、大混雑です…。

街中で遭うとみんな満面の笑顔で手を振ってくれます。

公設市場では珍しい魚介類が色とりどりに販売されていました。


これはさすがに…。
豚の顔皮を『チラガー』というそうです。

あちこちでグルメ番組らしき収録がされているのもさすがです。

なんと、那覇市内のデパートのイベントで『IKKOさん』とお話しができたラッキーなグループもいました!!

https://youtu.be/L5fXF0OUhtw

(IKKOさんツイッター動画より)

沖縄名物の本舗も軒を並べています!

みんな笑顔で元気にロワージールホテルに帰ってきました。
遅刻した班は一つもありませんでした!!



早く帰ってきたチームは…!

あらら、ひっかかってしまってます…。

ホテル『ロワージール那覇』も素敵なホテルでした。
https://www.loisir-naha.com

明日はいよいよ『最終日』です。
無事に元気に函館に帰られることを祈っていてください。
函館空港到着は『18時50分』を予定しています。
どうか、お迎えをよろしくお願いいたします。時間に変更があった場合は公式ツイッターにてご連絡いたします。

10月9日(火)遺愛女子高等学校2年生『修学旅行3日目』

修学旅行3日目、本日は『沖縄の海』を満喫する日です!!

昨夜はホテルへの帰りも遅かったので、だいぶ疲れていると思っていたら、今朝もバス内はハイテンションスタートでした!

午前中は世界第二位の水族館『美ら海水族館』です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/沖縄美ら海水族館

沖縄の海は『7色』あると言われいますが、その意味が分かるような色彩感でした。
そして海の向こうには『伊江島』がハッキリと見えていました。

伊江島観光スポット


美ら海水族館の『ジンベイザメモニュメント』前でクラスごとに記念写真です!
あまりにも暑く、眩しく、カメラを見る目が思わずみんな細くなります。
(嬉しさもあるかもしれません!!)

ガイドさんも「みなさん、今日は本当に最高の天気ですよ!」と言うほど、すべてが真っ青の絶景でした。

連休明けのはずですが、美ら海水族館は満員御礼で、イルカショーの『オキちゃん劇場』もあまりの人気で会場に入れず、外野から覗く感じでした…。

やっと見れてもこんな感じ…。



『マナティー』はゆっくり近くで見れました!

知ってましたか?
マナティーとジュゴンの違いについて

ウミガメも大きかったです!

圧巻はなんと言っても『ジンベイザメ』です。大きすぎました…。


歩道の『お花』もかわいらしかったです!!
本当に整備が行き届いています。

おみやげ売り場も人だらけ…。

こんな『大きなぬいぐるみ』を自分のご褒美に!
どうやって持ち帰るのでしょう??

最高の眺めの中での昼食も格別でした!

でも外は暑すぎて『日陰』を探すのが大変です…。

『メガマウスザメ』の標本もあまりの大きさにビックリでした。

メガマウスザメが引き上げられた当時のVTRも放映されていました。

もう少しゆっくりと見たい『美ら海水族館』を後にして、いよいよホテルでの『ビーチ研修』です。ホテルは沖縄でも最高級のグレードと言われる『モントレ沖縄』です!
https://www.hotelmonterey.co.jp/okinawa/

部屋はもちろん高級感がありますが、各部屋から見える風景がもう絶景すぎます。

  

なんと砂浜で新郎新婦が撮影をしていました!
素敵です!!

その砂浜でビーチ研修を実施しました。
それはそれは楽しそうでした!!



夕食は、ホテルのビュッフェです。
ここでも食前のお祈りからのスタートです。

デザートはこの後、数分でなくなりました…。

なぜか『おそろいのTシャツ』が多かったです!


明日は『むら咲むら』での体験学習と『那覇市内自主研修』です。
修学旅行もいよいよ後半戦に入り、おみやげがすでにカバンから溢れている生徒が多いようです。
場合によっては明日、ホテルから郵送するそうです。
『お土産話』はもうすぐですので楽しみに待っていて下さい。

10月8日(月)遺愛女子高等学校2年生『修学旅行2日目』

修学旅行2日目、本日も『平和学習』ということで、いよいよ沖縄の自然洞窟『ガマ』への入壕となります。

向かう途中の『街路樹』が沖縄らしく、珍しい植物がたくさん茂っていました。

『糸数アブチラガマ』では用意されたヘルメットをかぶって入壕します。
当たり前とは思いますが、誰一人嫌がらずに、素直にヘルメットをかぶっていることに感心していました。

しかし、入ってみて納得、壕の中は思った以上に暗くて低く、ヘルメットがないと頭をぶつけてしまいます。
アブチラガマの中では『五箇所』立ち止まり、ガイドさんからの説明を神妙に聞いていました。
暗く狭い壕の中を、誰一人、愚痴をこぼさず、たくさんの思いを巡らせながら進んで行きました。

出口の光が見えた瞬間、初めて生徒達の私語が聞こえてきました。
「太陽だ!」たった1時間でも光がこんなにありがたく感じたことはなかったかもしれません。

出口には慰霊の石碑があり、みんなで黙祷をしながら手を合わせてきました。

そのゴツゴツした岩肌から懸命に花を咲かせている植物にもなんだか励まされます。

生徒達はバスの中で着替えた後、ひめゆり会館で昼食です。
やっと開放された気持ちになりました。

昼食後のフリー買い物は、なんとなくまだ空気を引きずっているような…。

その後、『沖縄平和祈念公園』へ向かいました。眺めが本当に綺麗でした。

クラスごとに『記念写真』を撮りました!

その後、平和祈念資料館に入り、じっくりと資料を見学させてもらいました。

会話も少なくじっくりと資料に目を通していました。

ガマのジオラマもかなりリアルでした。

本物の砲弾が土に埋まった状態で展示されていました。

中から見る『外の風景』もとても美しいものでした!

資料見学の後は実際に沖縄戦を体験された方から約1時間の講話をいただきました。
最近では、講話をする方の高齢化に伴い、どんどん引退されている方が多いという話でした。
本当に貴重な体験談を聞かせていただきました。


その後はいよいよ『楽しい沖縄』に変わります。
『おきなわワールド』に向かいました。

おきなわワールド名物の『玉泉洞』は日本でも2番目に長い鍾乳洞なんだそうです。
沖縄戦のときに見つかっていれば、もっとたくさんの方が助かっていたかもしれないというガイドさんのお話でした。


玉泉洞を抜けると、熱帯植物園があります。そこに『シークワーサーの果実』がなっていました!

『蜘蛛』も大きいです…。

昔の沖縄を思わせる風景になぜか気持ちも落ち着きます。

生徒達も沖縄ワールドの中で楽しく過ごしました!

本当に角質はとれるのでしょうか!?

ガラス細工に挑戦している生徒もいました!

『おきなわワールド』の目玉商品の一つ、ニシキヘビとの記念写真!
一人で撮影する勇敢な生徒も!

S先生、めちゃめちゃ怖がっていました…!

この写真を見るとヘビはやっぱり…。

おきなわワールドのレストランを貸し切っての夕食です。
『食前のお祈り』はもちろんです。

沖縄チックでしょうか!?

豚足もありました…!?

夜は『平和ライブ』と題して、おきなわワールドの野外ステージを借り切っての遺愛専用ライブで、多いに盛り上がりました!!
『ちびっ子エイサー』もとってもかわいかったです。

遺愛の修学旅行が『9年目』というユキヒロさんのライブもノリノリでした!
もう遺愛の生徒ののせ方を日本一知り尽くしているシンガーソングライターです!!(平和の鐘の作曲者でもあります)

ハッピーバースデーのコーナーでは、修学旅行中に誕生日を迎える生徒がステージに上げられました!
ん?B先生も!!おめでとうございます。

最後は御礼の言葉をしっかりと述べて、名残惜しくライブが終了しました。

みんなで記念写真です!

うまくおさまらないので、方向を変えてもう一度!!

ユキヒロさんブログはこちらをクリック!

帰りが遅くなってしまったのですが、みんなのテンションは高いです!

沖縄の夜景もなかなか素敵でした!

明日は『美ら海水族館』と『ビーチ研修』です!天気は晴れの様です。台風が去ったお陰で毎日好天に恵まれています。
最高の沖縄修学旅行が続きます!!

2月10日(土)遺愛女子中学校『シンガポール修学旅行報告会』が実施されました!

2月10日(土)遺愛学院ライト館にて『シンガポール修学旅行報告会』が実施されました。

『60名』を越える保護者の皆様にもわざわざご来場いただきました。本当にありがとうございました。

残念ながら中学1年生はインフルエンザのため学年閉鎖中でしたが、中学3年生は一緒に報告会に参加し、昨年を思い出しながら充実した時間を過ごしていたようです。

各自それぞれがパワーポイントで制作したプレゼンを、工夫を凝らしながら発表していました。それぞれが思い出に浸りながら、とても良い時間を過ごしたようです。

ページの上に戻る