7月4日(水)中学1年生が『第59回北海道書道展函館展』を見学に行ってきました!

遺愛女子中学校一年生が、書写の時間を利用して『第59回北海道書道展函館展』を見学に『函館美術館』に行きました。
書写担当の米谷先生の作品も展示されていて、生徒達は熱心に書の世界を学んでいました。
来場していた先生からは篆刻(てんこく)についてもご教授いただき、良い学びの時間となったようです。

6月13日(水)中学2年生が『浴衣の着付け』を学びました!!

6月13日(水)中学2年生は技術家庭の授業で『浴衣の着付け』を体験学習しました。
8つのグループに別れて行われ、それぞれ講師の先生が『着方』から『たたみ方』まで丁寧に教えて下さいました。
色とりどりの浴衣で会場の小体育館は花が咲いたようでした。浴衣や着物は日本の伝統の文化です。生まれ育った国の文化を身につけることは大切なことですね。
よい学びの時間となりました。講師の先生方、ありがとうございました。

 

 

6月4日(月)中学2年生が『老人ホーム』を慰問してきました。

中学2年生は中間テストが終わった日の午後に2つの老人ホームを訪ねて、一緒にお話をしたり、ゲームをしたり、歌を歌ったりして一時間ほどを過ごしました。

ずいぶん前から準備をしていたのでその分緊張しましたが、和やかなひと時になりました。

入居されている方々の心に、少しでもこの時間が残ったなら嬉しいです。

家庭科実習で植えたジャガイモが芽を出しました!

中学2年生の家庭科実習で植えたジャガイモが芽を出しました!
「芽が出なかったらどうしよう」とドキドキしながら、登下校時や休み時間に毎日、水やりをしながら見守っていました。
無事に全部の班のジャガイモが芽を出してくれました!!

忙しい生活の中で、心を潤してくれる出来事でした。収穫が待ち遠しいところです。

4月27日(金)中学1年生が『エッグハント』を楽しみました!

4月27日(金)、中学1年生で『エッグハント』が行われました。
エッグハントとは、キリスト教のイースター(復活祭)にちなんだレクリエーションになります。3~4人のグループで広い校内を探検しながら「卵」を探して歩きました。連休前に、友達との楽しい思い出の一コマが増えたことと思います。

こういった活動を通して他国の文化や習慣を学ぶ機会としています。

ページの上に戻る