12月27日(水)HIFの企画で留学生との第2回 交流会を実施しました!

12月27日(水)北海道教育大学函館校の留学生の皆さんとの第2回 交流会を実施しました。
先週は遺愛学院に留学生の皆さんを招待しての交流会でしたが、今回は北海道教育大学函館校に招かれました。
ノルウェーからの学生のみなさんのプレゼンを聞き、遺愛の生徒も日本文化のプレゼンをして、その後はサロンで自由に英会話と情報交換を楽しみました。
生徒のプレゼンのスキルも回を重ねるごとに上達してきました。
韓国や台湾などアジアからの留学生とは、函館の見どころを話したり、アメリカ人留学生とは好きなアニメの話で盛り上がったりと、90分では短すぎる交流会となりました。
英語科の生徒のお土産「折紙を使った手づくりストラップ」は先週に引き続き、注目の的でした。
来年の客船ボランティアに向け、たくさん用意していくことになりそうです。
今年最後の交流会行事もとても有意義に過ごすことができました。
HIFの池田さん、スタッフの皆さん、教育大学の関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

12月20日(水)HIFの企画で『20名の留学生』との交流会を実施しました!

12月20日(水)は函館市に滞在中の留学生と遺愛女子高校二年生有志との交流会を実施しました。
20名の留学生をお迎えし、プレゼンで日本文化を紹介し、その後ブースで日本のお菓子の食べ比べや流行りのアニメの紹介をして楽しんでもらいました。
HIF(北海道国際交流センター)の池田さんからは「高校生の視点からの日本文化の紹介が素晴らしい!是非、教育大の授業にも来て欲しい。」との嬉しいコメントを頂きました。
客船ボランティアのない時期ですが、久しぶりの外国の方々との交流はとても有意義な時間だったようです。

このような貴重な機会を下さいましたHIFの池田さん、スタッフの皆さまに感謝を申し上げます。
またお手伝いさせて頂ける事がありましたらよろしくお願いします。

北海道国際交流センター『HIF』のホームページはこちら
http://www.hif.or.jp/

 


10月1日(日)本日は『客船ボランティア番外編』でした!!

10月1日(日)本日は『客船ボランティア番外編』でした。

「日頃から、遺愛女子高等学校英語科の皆様は、クルーズ客船入港時には函館観光を盛りあげてくれてありがとうございます。つきましては英語科の生徒さんを1日、函館観光に招待させて下さい。これを機に函館の観光地の知識を深め、客船ボランティアにも活かして下さい。」
という『函館バス協会』様からのありがたいお話をいただき、一度は大雨で中止になったものの、別日にわざわざ再設定していただきました。
『トラピスチヌ教会』や『五稜郭タワー』『函館山』と地元にいながらなかなか足を運ぶ機会のない観光地を函館バスにて巡らせて頂き、『五島軒』でカレーランチも頂きました。
生徒達は、次の客船ボランティアに活かせるようガイドさんの話にも真剣に耳を傾けていました。
『学期間休業中』ではありましたがとても良い思い出になったこと思います。明日から後期日程が始まります。
客船ボランティアはもちろん、勉強も部活も心機一転、気持ちを新たにまた頑張ってくれることと思います。
函館バス協会様には心より感謝申しあげます。

函館新聞の記事はこちらをクリック!

9月21日(木)客船『セレブリティミレニアム』を迎え入れました!

9月21日(木)クルーズ客船『セレブリティミレニアム』を迎えて1、2年生の英語科で『客船ボランティア』を行いました。
天候にも恵まれ、たくさんの海外からのお客様と交流するとができました。

昨年も同じ『セレブリティミレニアム』に乗船し、2年連続で函館にやってきたというご夫妻と出会いました。
一年前、そのご夫妻は初めて見る日本のお金の区別がつかず、降りる際にタクシーの運転手との間で誤解が生じていました。その困っている様子を見て、通訳しながら上手にその場をおさめたのが遺愛女子高校1年生(現2年生)の生徒でした。
「見知らぬ土地でトラブルになったら、せっかくの旅行が台無しになる。何とかしなきゃ、と思っての行動でした。」とその生徒は振り返ります。
なんと今回、そのご夫妻とその生徒が、偶然にも『再会』が果たせたのです!
生徒の喜びはもちろんですが、そのご夫妻もその時のことは鮮明に覚えてくれていて「この活動は世界を変える!本当に素晴らしい取り組みだ!!あのときは本当にありがとう。」という言葉をかけて頂き、とても幸せな気持ちになりました。このことは、客船ボランティアの生徒達の大きな励みにもなりました。

その後の『見送りセレモニー』は3年生も参加し、いつにも増して華やかで盛大な見送りとなりました。セレモニーの司会は初めて2年生が担当し、英語で『イカ踊り』の説明もしっかりとできました。
2年生全員が中心となり、その自覚を持って、十分に役割を果たしていたように思います。

函館を楽しんで次の港へ向かっていく客船を見送り、今回のボランティアも大成功で終了しました。
次は来月、初めて『1年生だけの客船ボランティア』になります。
また『最高のおもてなし』ができますように。
   

5月15日(月)『シーボーンソジャーン』客船ボランティアを実施しました!

5月15日(月)は函館に初めて入港する『シーボーンソジャーン』のお客様をお迎えしての客船ボランティアでした。
あいにくの天気ではありましたが10:00から『通訳ボランティア』を函館駅前で行い14:45には函館港町埠頭での見送りセレモニーに参加しました。
MCもすべて生徒が担当しました。多くの乗客の方がデッキに出てきてくれて、恒例のイカ踊りを披露しましたが、ここ数年、見たこともないような盛り上がりをみせていました。  午前中に生徒が一生懸命「見送りセレモニーを踊るので一緒に踊りましょうね」と伝えた成果かもしれません。  2年生と3年生が行う『合同客船ボランティア』はこれが最後になりました。3年生の皆さん、三年間お疲れ様でした。様々な貴重な経験や、客船ボランティアがなかったら出会えなかった世界中の人たちと交流ができました。  改めて、函館市港湾空港課の方々、クルーズ客船関係者の皆さまに御礼申し上げます。 ありがとうございました。
2年生の英語科は次は後輩1年生の英語と一緒にまた頑張ってくれることを心より期待しています。

函館新聞の記事はこちらをクリックしてください!

ページの上に戻る