プリンセス・アワード「ポート賞」に遺愛の通訳ボランティア活動も高く評価!!

プリンセス・アワード「ポート賞」に函館港が選出されました。
遺愛の通訳ボランティア活動も高く評価されたようです!!

遺愛の客船ボランティア、そしてクルーズ語学研修がこの素晴らしい賞の受賞を後押し出来たようです。

改めて、函館港湾空港局と港関係者の皆様、おめでとうございます。

そして、心より感謝申しあげます。
本当にありがとうございました!

詳細はこちらでも!!
https://digital.hakoshin.jp/news/travel/45320

2月9日(土)雪かきボランティアを実施しました!!

2月9日(土)第1回 雪かきボランティアを実施しました!!
一般コースの一年生の発案で動き出したこのボランティア。
初めての企画でしたが、函館千歳教会と、卒業生の大先輩のお宅の雪かきをお手伝いさせていただきました。
雪かきの途中に『FMいるかさん』の生中継放送に出してもらったり、函館新聞さんに取材して頂いたりと盛りだくさんの土曜日の放課後でした。
作業終了後は卒業生からジュースを頂きました。感謝です!
学校にもどると角谷先生と尾越先生から暖かい飲み物と肉まんの差し入れをいただきました。
機会があればまた実施したいと、気持ちも体温も上がっていたようです!!
    

【函館新聞電子版の記事はこちら!】
https://digital.hakoshin.jp/news/edu/44902

12月2日(日)英語科が『北斗市イングリッシュキャンプin公民館』に参加しました!

12月2日(日)本日は英語科二年生有志5名が『北斗市のイングリッシュキャンプin公民館』に参加して、お手伝いをさせてもらいました。

nativeの先生方を中心に北斗市の小学生と『英語を使って遊ぼう!』というプログラムでした。今回は北斗市公民館の外に飛び出しての野外プログラムも用意されていました。
小学生の皆さんにとっては制服を着たお姉さんたちとお話しができる珍しい体験だった事でしょう。
将来、教育現場で仕事をしたいと考えている参加した遺愛生にとっても貴重な機会でした。

大変、貴重な経験をさせて頂きました。北斗市教育委員会 日景さんはじめスタッフの皆さん、ALTの方々、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

10月13日(土)初入港客船『ウェステルダム』の通訳ボランティアを実施しました!!

10月13日(土)、函館初入港となるクルーズ船『ウェステルダム』をお迎えしての通訳ボランティアを実施しました。

午前中は1年生が体育大会、2年生は修学旅行の代休でしたが、『英語科』と『特進コース』に有志を募ったところ『83名』もの希望者が集まってくれました。

函館駅前の案内では道案内や通訳に加えてシャトルバスの中で歌を披露したり、一列に並んでのウェーブでのお見送りをしたりなどみんなで、アイディアを出し合い楽しんでもらえるよう工夫しました。
英語科の生徒は「3回目なので、だいぶ慣れてきて、コミュニケーションがとれるようになってきてとても楽しいです!!」との心強いコメント。

初挑戦の特進の生徒は「冬のオーストラリアのクルーズ研修のイメージが膨らみました!」と話してくれました。

船前では23名の有志が『いか踊り』を準備していたところ「今から地元函館のハイスクールガールたちのお見送りダンスがはじまります。ぜひデッキに出て御覧下さい!」と異例の船内アナウンスが流れました。デッキにはいつも以上のお客様が並び、熱い声援と拍手を頂きました。

その後、船長がわざわざ外まで出てきてくれて生徒一人ひとりと握手をしてくれました。

今年度最後のクルーズ船ボランティアを最高の形で締めくくることができました。

函館市港湾空港局、クルーズ関係者の方々に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

今日ドキッ『客船ボランティア』
2018.10放映動画
https://youtu.be/1i4LrzFnOlM

 

10月3日(水)『ノルウェージャンジュエル』の通訳ボランティアを実施しました!

本日は『ノルウェージャンジュエル』のお客様をお迎えして、『通訳ボランティア』を実施しました。
朝から高校1年生、2年生が力を合わせて、たくさんの海外のお客様を案内させて頂きました。
世界中のお客様から「素晴らしい取り組みですね!!」というありがたい言葉もたくさん頂きました。
残念ながら見送りセレモニーはできなかったのですが、『有志15名』でイカ踊りを披露したところ、船からの熱いレスポンスが返ってきました!久々に「客ボラらしい客ボラ」となりました。
今回も素晴らしい機会を頂いた函館市港湾関係の方々に厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
また頑張ります!!

ページの上に戻る