10月11日(金)遺愛女子中学校『ノーマリー教室』が行われました。

10月11日(金)中学校では『ノーマリー教室』が行われました。この行事はすべての人が普通(ノーマル)に生きられる社会を考えるために行われているものです。

全体の講演は、視覚障がいの実際についてお話をして下さった講師の先生とともに盲導犬が来てくれました。
後半は学年ごとの学びでした。1年生は手話、2年生は点字、3年生は高齢者擬似体験です。

それぞれのプログラムを通して、貴重なことを学び、これから全ての人が普通に生きがいのある人生を送る社会になるために、どういう考えを持ち、どんな行動をすれば良いかに思いを深めることができました。

お忙しい中、おいで下さいました講師の先生方、本当にありがとうございました。

9月28日(土)『函館バス協会』様の招待で、バスの日ツアーに参加してきました!!

9月28日(土)『函館バス協会』様の招待で、バスの日ツアーに参加してきました!!

今日は客船ボランティア番外編!!
「日頃からクルーズ客船入港時には函館観光を盛りあげてくれてありがとうございます。つきましては英語科の生徒さんを1日函館観光に招待させて下さい。これを機に函館の観光地の知識を深め、客船ボランティアにも活かして下さい。」という『函館バス協会様』からの三年連続のありがたいお話を頂き、英語科の1,2年生16名が参加させて頂きました。

トラピスチヌ修道院や五稜郭タワー、函館山と地元にいながらなかなか足を運ぶ機会のない観光地を巡らせて頂き、五島軒ではランチも頂きました。地元にいると普段なかなか訪れない観光地を巡り、あたらめて『函館の素晴らしさ』を実感しました。
生徒は、次の客船ボランティアに活かせるようにプロのガイドさんの話にも真剣に耳を傾けていました。
学期間休業の良い思い出になりました!
函館バス協会の皆様、貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。

函館新聞の記事はこちらです。
https://digital.hakoshin.jp/business/tourism/53973

8月26日(月)最高の天気のもと、久々に『客船ボランティア』を実施しました!!

8月26日(月)最高の天気のもと、久々に客船ボランティアを実施しました。
1年生の英語科が初挑戦し、2年生と合わせると100名を超える通訳ボランティアは圧巻でした!!
お迎えしたのは函館2回目の寄港となるマーズダム。
アメリカ、スイス、オーストラリアなどなど乗客の方々の出身国も様々でした。
函館のこと、食べ物のことなど、たくさんお話しができました。
初挑戦の1年生も次のセレブリティミレニアムもいまから待ち遠しいとコメントしていました。
乗客の皆さんも去り行く函館の夏を生徒と共に楽しんでくれた様子です。
函館市港湾空港課、港関係者の方々、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

6月8日(土) 『全校校外清掃ボランティア』が実施されました。

6月8日(土) 『全校校外清掃ボランティア』が実施されました。
任意参加ではありましたが、400名を越える生徒が、学校周辺または五稜郭近辺を班ごとに分かれて路上の掃除を実施しました。

五稜郭近辺は人通りが多いのですが、非常に清潔にされており、各店舗のみなさまがよく目配りされていることを実感していました。

大森浜の方にも30名以上が参加し、海岸近辺をきれいにしてきました。

生徒の表情も非常に晴れやかで、とても清々しい気持ちでボランティアを終えることができました。

函館新聞の記事はこちらです。
https://digital.hakoshin.jp/life/ika/49418

  

『ダイヤモンドプリンセス』『クイーンエリザベス』客船ボランティア今年度も大活躍です!!

4月29日(月)今年度初の客船ボランティアを募集したところ『78名』の生徒が参加してくれました。
有志で集まった客船ボランティアとしては過去最高の人数になります。
お迎えしたのは『ダイヤモンドプリンセス』。
最高の天気のもと、お迎えのイカ踊りセレモニーを行い、駅に移動したお客様を案内しました。
オーストラリアとニュージーランドのお客様が多かったようです。久々の客ボラでしたが二年生と三年生は大活躍でした!
持ってきた日本の「おかき」も上手に説明して試食してもらうことができました!
次は何の説明にチャレンジするか夢が広がります!!
今月は通訳ボランティアが続きます。またみんなで力を合わせて頑張ります。
函館港湾空港局、港関係者の方々、ありがとうございました。今年度も是非宜しくお願いします!

4月15日(月)アメリカコンコードカーライル高校のバンドメンバーと英語科三年生が交流の時間を持つ事ができました。三年生の英語科が約60人のアメリカ人高校生を前に物怖じせず英語でプレゼンとフリートークを行いました。客ボラとはまた違う同世代の交流が本当に有意義で楽しかったようです。後半は遺愛吹奏楽局にバトンタッチしました。七飯町役場の方々、関係者の方々、貴重な機会をありがとうございました!
http://iaijoshi-h.ed.jp/wordpress/?p=9020

4月は客船ボランティア、アメリカコンコードカーライル高校との交流、CIGREのお手伝い、学校を解放してのクルーズのお客様との交流と本当に盛りだくさんの行事を行い、そして『クイーンエリザベス』に乗せて頂き吹奏楽局が演奏したり貴重な体験をたくさんさせて頂きました。

客船ボランティア担当として嬉しかったのは4/29に行ったセレブリティーミレニアムのお客さんを遺愛に招いての交流会でした。乗客の1人のオーストラリアの20代の青年。耳が不自由ということでコミュニケーションに苦労している様子。そこで彼は自分のスマホ、遺愛生は筆談での英会話を始めたのです。出身地や趣味、色々な事をやりとりし笑顔で固い握手で帰って行ってくれた様子は本当に感動的でした。勇気をだして、初めての国の知らない学校に来てみて、きっといい思い出が出来たのではないでしょうか。1人ひとりの乗客に函館、日本を楽しいで欲しいという客船ボランティアの原点を見た気がします。
また『音楽部』が初めてアザマラクエストのお客さまにコンサートを開くなど新たな取り組みも大成功でした。
様々な広がりが出てきました!!
今後も遺愛生みんなで力を出し合い頑張ります。
函館市港湾空港局、函館市観光課、港関係者の方々、関わって頂きました全ての方々に感謝申し上げます。ありがとうございました!

吹奏楽局の客船ボランティアの様子はブログでも紹介しています。
http://iaisuisougaku.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

ページの上に戻る