高等学校の特徴

【進路実現に向けての取り組み】

●文理の進路に応じて選択科目

 2年進級時に文系・理系に分かれます。1年生で自分の進路をじっくり考えてから文系・理系を選べるので、まだはっきり進路が決まっていない人でも慌てる必要はありません。

●充実の演習科目

 卒業単位数に加え、それぞれの進路に応じた演習科目を選択することができます。自分の入試に必要な科目にじっくり取り組むことができ、入試内容にもしっかりと対応できます。

●推薦入試対策個別指導【医療系・指定校・一般・AO】

 推薦入試を実施する学校が年々増加している中、多様な推薦入試の形態に合わせて個別指導を行っています。一般的な面接練習だけでなく、小論文添削、集団討論など教員全員がサポート役となるので、個々の入試に必要な指導がしっかりと行き届きます。

●講習体制

 希望進路実現のためにより深く学びたい生徒に向けて、集中講習・通年講習を実施しています。難関大リスニング対策講座や医療ゼミ、看護英数国など多様な講座を開講中です。また、春夏冬の休業中にも1年生から講習を行っています。

●駿台サテネット無料

 遺愛生なら無料で駿台サテネットを、いつでもどこでもいくつでも視聴することができます。基礎講座から東大対策講座までなんと280講座!自分の力に応じた講座を好きな時間に受講できるので、部活動との両立も可能になります。

●合宿講習

 受験の天王山でもある高校3年生の夏、4〜5日学校に宿泊し、じっくり勉強に取り組むことができます。共に頑張る仲間と自分の限界にチャレンジすることで、やる気もグンとアップ。その後の夏休みも有意義に過ごせます。

●さくらノート(学習記録)

 目標→実行→反省のサイクルを身につけることは、大学受験だけでなく社会人になってからも、自己実現のために大切な習慣です。さくらノートでは、週の目標→各教科の勉強時間を記録→1週間を振り返り次週の目標へ、というサイクルで自律した学習習慣を確立できます。

●学習室

 家では誘惑がたくさんあってなかなか勉強に集中できない・・・。遺愛では、図書室や進路指導室などを放課後だけでなく休日も学習室として開放しています。一人では頑張れなくても、友達とだったら頑張れる気がしませんか?

●先輩アドバイス

 遺愛を卒業した大学生や社会人を呼んで、自分が高校生だった時の話や大学で勉強している内容、仕事の紹介など将来に繋がる話をしてもらう機会を設けています。生徒が自分の未来や目標を考えるよい刺激になっており、生徒たちからも好評な行事の一つです。

●進路ガイダンス

 国公立大学、私立大学、看護学校、専門学校など120以上の学校が体育館にブースを準備し説明会を行います。少人数で説明を聞くことが出来るので、将来への疑問、質問を気軽に聞くことができます。

●大学見学ツアー

 函館市内の大学、看護学校はもちろん、夏休みを利用して札幌方面、東京方面の大学見学ツアーを実施しています。1,2年生のうちから大学の空気に触れることで、目標意識が格段にアップします。

●冷暖房完備

 遺愛では各HRに冷暖房が完備されています。気温に左右されず、快適な環境で1年中授業を受けられるので、集中して学習に取り組めます。

●部活や行事の充実

 部活動では多くの部活が全道大会に進出しています。また、行事では学校祭、合唱コンクール、体育祭など生徒が主体で行う活動も多く、生徒が活躍する機会がたくさん用意されています。社会性や協調性など、これからの社会で必要とされる力を養うことができます。

●朝読書

 朝の着席のチャイムと共に10分間の朝読書を行います。読む本は自分の好きな本を読むことができます。小説や新書、中には英文の本を読んでいる生徒などもいます。たかが10分、されど10分。1年間の朝読書だけで6〜7冊読むことができます。知識や教養の幅が大きく広がります。

●海外研修

 今年度から日本初となるクルーズ船による海外研修がスタートします。日本を出発し、シドニーからクルーズ船に乗り込みます。船内では、英会話の授業やグループワーク、職業体験、プレゼンテーションなどの様々なプログラムを企画しています。100%英語漬けの海外研修に、安心して参加できます。

ページの上に戻る

遺愛女子高等学校には次にあげる3つのコースがあります。

普通科特別進学コース

特別進学コースは国公立大学や医学部、難関私立大学への現役合格をめざしています。そのために主要5教科で標準単位数を上回る授業時数を確保しています。これまでの進学先としては、東京大学、京都大学、北海道大学、札幌医科大学などの国公立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、国際基督教大学などの私立大学、その他首都圏大学や道内大学などとなっています。

●7時間授業

 1,2年生は週4回、7時間授業を行っています。初期段階で英語や数学など基礎をしっかり確立したい教科の授業数を増やし、3年生での入試実践問題に繋げています。

●リスニング演習

 3年生では、終礼前に毎日10分間リスニング演習を行います。センター試験にもリスニングがあり、毎日耳を慣らすことはリスニング力アップにとても効果的です。

●二次試験対策個別指導

 大学ごとに難易度が異なる二次試験にも、担当教員がついて個別指導を行っています。どんな学校を受験する場合も、大学ごとの入試傾向に合わせた指導をしていくので、安心して二次試験に挑むことができます。

●フォロー体制

 初期段階で基礎を確立したい英語・数学では、授業の内容を総復習する週末課題や、定着度をはかる確認テストをこまめに行っています。授業内容が定着されていない場合は、授業内外でフォローを行い再度知識の定着を目指しています。

●普通科特別進学コースカリキュラム

高1

ページの上に戻る

高2

ページの上に戻る

高3

ページの上に戻る

ページの上に戻る

普通科一般コース

●系統別カリキュラムでめざす進路に対応

一般コースは大学・短大の進学はもちろん、看護学校などの各種専門学校や就職といった多様な進路に対応できるように、2年生から系統別にカリキュラムを組んでいます。たとえば、文理系は特別進学コースに近い単位数で英語、数学、理科を強化。文系では英語科に近い単位数で英語、国語、地歴・公民をフォローします。選択科目の中には、パソコン実習や簿記などの商業科目も設定されており、就職希望者をサポートしています。さらに、努力次第では2年進級時に特別進学コース・英語科への転科・転コースも可能です。

●進学実績も急上昇

一般コースでは多種多様な進路に対応できる工夫がなされていますが、いちばん大事なのは生徒一人一人に対する個人指導、個人アドバイスと言ってよいでしょう。進学希望者に対しては、国公立大学・私立大学・短期大学・高等看護学校・各種専門学校など、それぞれの進路に合った受験指導を授業の枠を越えて行っています。また就職希望者に対しても、就職ガイダンスや就職講座を実施するなど、充実した就職指導を行っています。一般コースには、生徒の「やる気」に応える体制がしっかりと整っています。

●さらに上をめざす生徒には講習も

一般コースも特別進学コースや英語科と同じく、徹底した講習体制を整えています。また大学や看護学校など、それぞれの進路に応じた講習も行っています。本人のやる気しだいで夢は大きくふくらみます。

●普通科一般コースカリキュラム(一部抜粋)

高1

ページの上に戻る

高2

ページの上に戻る

高3

ページの上に戻る

ページの上に戻る

英語科

英語科は早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学など難関私立大学や国公立文系大学への現役合格を目標に、英語・国語を重点的に強化しています。また、複数のネイティブスピーカーの教員から直接英語指導が受けられるので、今の英語教育で求められているリスニング・スピーキングの力をより効果的に身につけることができます。これまでの進学先としては、国際教養大学や東京学芸大学、都留文科大学などの国公立大学、慶應義塾大学や上智大学、国際基督教大学、津田塾大学などの私立大学と多岐に渡っています。

●7時間授業

1年生は週4回、2年生は週2回、7時間授業を行っています。1年生に必修科目を多く置いているので、2,3年生は英語により力を入れて学習できるカリキュラムになっています。

●英語最大38単位

英語の単位数は17単位前後が一般的ですが、英語科では最大38単位英語の授業を設定しています。英語でプレゼンテーションやプログラミングを行う講座、フランス語や中国語の基礎講座など多彩な授業を行っています。

●文理に応じて選択科目

英語科からも選択科目によって数理の授業を選択することができます。希望進路が国公立文系や看護学校のように、数理科目が受験で必要な場合でも対応することができます。

●英検講座

今後の入試でより重視される英検資格。英語科では英検資格に特化した授業を開講しています。1〜3年生まで自分の目指す級に応じて準1級〜準2級までの対策講座を受講できます。

●客船ボランティア

函館に入港する外国客船の方々が函館観光する際の案内役を英語科の生徒が年に数回行っています。普段できない実用的な英語を使う大きなチャンスです。生徒たちも毎回とても喜んで函館市内を案内しています。

●リスニング演習

3年生では、終礼前に毎日10分間リスニング演習を行います。センター試験にもリスニングがあり、毎日耳を慣らすことはリスニング力アップにとても効果的です。

●英語科カリキュラム

高1

ページの上に戻る

高2

ページの上に戻る

高3

ページの上に戻る

ページの上に戻る